東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(水曜定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

|Date:2013年11月8日 | Category:施工例 |

陽の光、間接照明の明かり、アクセントカラー、各それぞれが

調和することにより演出される柔らかな、心安らげる空間が完成しました。

荒川区のT様邸です。

 

T様邸の玄関ドアは、LIXILのエルムーブという引き戸タイプです。

開き戸は開閉スペースを必要としますが、引き戸は限られたスペースを

有効活用できるので、都心の狭小地のような場所に最適です。

ポーチ部分にオブジェや植物を置くこともできます。

(ポーチとは・・・玄関前の壁から突き出たひさしのある入口空間のことです。)

また、ドアストッパーを使用しなくても開けっ放しにできるので

風を通したい時や荷物を運び込む際などに大変便利です。

①外観1

 

サイディング(外壁材)は3種類を貼り分けています。全てニチハです。

1階の玄関部分にはモエンエクセラードのアルモニ、

1階の玄関部分以外にはモエンサイディングの無垢板型枠RCウォール、

2・3階にはモエンサイディングのルスコミュール調を使用しています。

1階部分はブラウングレー、2・3階はホワイト色となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

キッチンはLIXILのホワイトチェリー色を使用しています。

背面にはコンロがあります。

どちらも窓からの光が手元を明るくしてくれるので料理がしやすそうですね。

吊戸棚を設置していないので、リビングの見渡しもよく、圧迫感が全くありません。

床材はLIXILのD.フロアのウォルナット色です。

木目を活かした床材でグレイッシュなカラーと壁紙のホワイトとのコントラストで

高級感がありますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

T様邸はリビングやトイレなどにアクセントクロスを貼っています。

アクセントクロスを貼るだけで部屋の印象がガラっと変わりますし、

空間を引き締めてくれる効果もあります。

個性を出し、且つ、オシャレな空間になるのでお勧めです。

間接照明の穏やかな明かりでリラックスした家族団欒の時間が過ごせそうです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

トイレはTOTOのZJです。

造作の手洗いを設置し、その面の壁にはアクセントクロスを貼りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

浴室はTOTOのサザナです。

アクセントパネルはファルティウッド色です。

大きな浴室テレビでテレビを観賞しながら入浴すれば心も体もリラックスでき

日々の疲れも取れそうですね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

立地を活かし、随所に遊び心とセンスを兼ね備えた

ステキなお家完成おめでとうございます!

 

荒川区T様邸データ

1階 39.05㎡(11.81坪)

2階 38.64㎡(11.68坪)

3階 35.05㎡(10.60坪)

敷地面積 60.41㎡(18.27坪)

 

㈱BLISS 五十嵐

 

|Date:2013年11月5日 | Category:お知らせ |

弊社設立記念日のため平成25年11月27日(水)は

お休みとさせていただきます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承くださいませ。

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ