東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 東国三社参り

東国三社参り

|Date:2018年2月24日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

本店の中村です。

 

少し日にちが経ってしまいましたが、年明けの2日に母と東国三社参りをしてきました。

この東国三社というのは、茨城の鹿島神宮・息栖神社・千葉県の香取神宮の3カ所を巡る『関東NO.1のパワースポット』だそうです!!!

 

おや?

 

ワタクシ前回もパワースポットに行ったと書かせて頂きましたが、そんなにパワーが欲しいの???

 

いえいえ話題が欲しいのです(笑)

 

前回は『知る人ぞ知る日本屈指のパワースポット』

今回は『関東NO.1のパワースポット』

 

・・・・・・・・・・・・・

 

どちらもすごい!!!

 

ということですね(笑)

 

 

鹿島神宮

dsc_2440
息栖神社

dsc_2470
香取神宮

dsc_2481
この三社参り。さらっと書いておりますが、かなり歴史のある事の様で、江戸時代にはお伊勢参りに次いで人気の旅だったそうです。

 

それはそうでしょう!この「東国三社」調べれば調べる程、習った歴史を薄っすらとしか聞かなかった自分に反省しまくりです。

古事記・日本書紀は日本の神話です!

イザナギ・イザナミが日本を作りましたよ~~~みたいな???

 

これくらいで許してください。。。

 

凄い!という事は私もわかったのですが、特に鹿島神宮と香取神宮は2,600年以上の歴史がある上、平安時代に「神宮」と呼ばれていたのは伊勢・鹿島・香取だけ。

そして東国三社を結んだ3角形では不思議な事が起こったり夢を実現させるパワーをもらえるとのこと…

 

不思議な事ってなんでしょうね?

 

鹿島神宮と香取神宮には「要石」というのがあって、大ナマズの頭を鹿島神宮、しっぽを香取神宮の要石が抑えているのだそうです。

両社の距離は約12キロ。。。大ナマズすごいです。

 

凄い凄いと連呼していますが、実際にその場に立った時にやっぱり違う空気を感じました。

dsc_2449
この杉林も空気が凄いんです。

言葉では表現しにくいのですが、よく言う「ピーンと張りつめた空気」みたいな?

寒いとかそういう事ではないんです。

「厳か」とか「荘厳」とか「神秘的」とかそんな言葉が合っている感じです。

ちょっとびっくりしました。

神秘的と言えばここも

dsc_2455
御手洗池

霊泉の湧く泉です。

そしてこれが国歌にもうたわれている「さざれ石」

dsc_2446
鹿島神宮は本当に不思議な空間でした。

 

次に息栖神社

dsc_2463
ここは井戸がご神体の珍しい神社だそうです。

後から知ったのでその井戸の写真はありません。。。(T_T)

これも後情報ですが、この井戸の中には男瓶と女瓶と二つあり、男瓶は銚子の形・女瓶は土器の形をしているそうで、水が澄んでいる時でないと井戸の中の瓶が見られないそうです。

この瓶が見られれば幸運が、また更に男性が女瓶の水、女性が男瓶の水を飲むと結ばれるというラブラブパワースポットなんですって!

 

母と二人だったので知らなくてもあまり残念ではありませんでしたが、ご興味のある方は是非!!!

 

そして最後に香取神社

dsc_2471
数年前にイチゴ狩りの後ちょろっと寄って行列に巻き込まれたところです。

今年も同じでした。。。

というよりまず駐車場が空いていない=近くの道路は渋滞しています。

 

鳥居から総門まですぐなのに規制で入れません。

dsc_2474
dsc_2479
dsc_2480
あまりの人の多さに、本当に参拝のみで終了です。

 

鹿島神宮はゆっくり色々見て回れましたが、後の2社はあまりゆっくり見ていなかったのでまた今度改めて東国三社参りをしてみようと思います。

 

私は買えなかったのですが、三社を巡って初めて完成するお守りも売っていました。

 

この東国三社参りはバスツアーとかでもあるようですよ~

興味のある方は是非!

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ