東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ > デザインの種類

デザインの種類

|Date:2020年2月26日 | Category:日々の出来事 |

E7073D4C-166C-4BAE-B5EA-0312D7BBF49D_1_201_a
 

あー、疲れた

足が短いんじゃない、イスが高いんだよ

何みてんだよ

ん?おっきいクマちゃんだと?!

お嬢ちゃん、オレは権田原凶助ってんだ

いや、ナデナデじゃねーよ

ま、いいけど

 

といった設定があるとかないとか

 

こんにちは、ライフスタイル部 99base 松戸店 担当の 髙屋 です

 

さて、タイトルのことですが

インテリアや商品個別を含め

デザインには、2種類あると思ってます

 

1つは、考えられた(設定も含む)デザインや機能美

 

もう一つは、感覚的なデザイン

 

先に2つ目についてですが

文字通りそれをデザインするヒトの感覚でできてしまうもの

例えば、99base松戸店 にあるドラム缶を再利用した家具

これらはインドネシアの工場で作っており

敢えてデザインの指示は出しておらず

現地の工場の方の感性で作成頂いてますが

日本人にはない独特の感性が生きたものが結果的に出来上がります

 

#99BT016 (15)
 

 

もう片方のデザインが一般的と言いますか、多いと思います

違いはそのプロセス

例えば、建物

あの家やビルはどうしてあの形をしているのだろう

と思ったことはありませんか?!

そこには斜線といった法律であったり

構造体が美しいからそれを見せるデザインにしようとしていたり

デザインには、何かしら理由があってその形、デザインとなっているのです

提案されたデザインが

 

なんとなく

 

では困りますよね

一流のデザイナーさんが感覚的にサッとデザインしているように見えても

経験値や勉強など数多くの場数をこなして染みついた直感であって

感覚的に見えても考え尽くされたデザインとなっています

 

つまり、デザインすることはエネルギーを費やして完成させること

 

と言い換えても良いかもしれません

 

99base 松戸店 には、感性のデザインの家具があり

考えた飾付けとレイアウトで成りっている

2つのデザインの融合の場となっています

何かのヒント探しにお越しになってみてはいかがでしょうか?!

 

Fotor_158271304070321_Original
 

Fotor_158271311374934_Original  Fotor_158271319679545_Original
 

Fotor_158271324122723_Original  Fotor_158271329484963_Original
 

 

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ