東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ > はじめまして

はじめまして

|Date:2020年5月19日 | Category:お知らせ/施工例/日々の出来事 |

はじめまして、今年の1月から新宿店アセット部に配属されました齊藤です。

もともと神奈川の建設会社で現場監督として約10年、その後不動産屋の工事部門で働きこの度BLISSに入社いたしました。

現在はBLISSが事業主として他社様で施工しているRCの現場をメインに見ています。

 

早速ですが、今稼働している現場の紹介をしたいと思います。

ひとつ目の現場の工事概要ですが、RC造地下1階、地上3階の共同住宅になります。

mejiroA_0307
※完成予想パース

こんな感じの建物が建つ予定です。打放しコンクリートの外壁がかっこいいですね!

いざ、どんな現場なのか?ということで早速現場を見に行きました。

 

その日はちょうど捨てコンを打っているところでした。

当然敷地内に生コン車、ポンプ車は入れないので道路からの作業になります。

 

捨てコンの前に杭工事、山留工事、根伐工事とありましたが、入社前のため見れていません。

IMG_4353
 

続いて、こちらは基礎(耐圧盤・基礎・地中梁)のコンクリート打設が完了した状態です。

ちょうど設備屋さんがピット配管をするために材料を搬入していました。

IMG_4565
 

次はB1階スラブの配筋検査に行った時の写真です。

検査では鉄筋径、配筋ピッチ、補強筋が適切に配筋されているかをしっかり見ていきます。

IMG_4635
 

そしてこれはスラブのコンクリート打設後壁の配筋が完了したところです。

IMG_4852
とてもきれいに配筋されています。

 

その後、型枠を組み立て1階のスラブが配筋されました。

IMG_5050
上に上がるのと並行して外部足場を組んでいきます。

足場には養生シートがかけられ外からは見えなくなってしまいます。

最後足場が解体され出来上がりが見られるのが今から楽しみです!

IMG_5071
以上のように壁配筋~型枠工事~スラブ配筋~コンクリート打設という流れを繰り返して建物が出来上がっていきます。

 

続いて2つ目の現場です。

こちらはちょうど4月末から工事が始まった現場になります。

工事概要ですが、地上4階、RC造の共同住宅です。パースが出来上がりましたら追ってご報告します。

IMG_4931
計画看板が設置されました。

 

IMG_5063
地縄、杭芯出しが終わり敷鉄板が搬入されました。

 

杭工事が始まりました。

IMG_5113
IMG_5109
鋼管杭を溶接しています。

 

杭工事が終わり山留工事が始まりました。

IMG_5209
オーガで掘削後、H鋼を入れていきます。(見えづらいですが左のほうにH鋼があります)

今後根伐工事、基礎工事と進んでいきます。

 

 

と、長くなりましたがこんな感じで現場の日々の進捗や驚いたことをご報告していければと思います。

 

今後ともよろしくお願いします。

 

 

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ