東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ > 土地の分筆とは

土地の分筆とは

|Date:2015年1月27日 | Category:日々の出来事 |

こんばんは。

文京支店の長谷川です。

 

みなさん分筆ってご存知ですか?

私は文京支店の分筆係りをしております。

分筆というのは大きい敷地を小さく分けて測量士さんに

境界杭を入れて一つの区画をつくることです。

 

都心ですと大きい敷地は値段も高くなかなか手が届かないですよね。

そこで大きな敷地を小さく分けることでいろいろな方が購入頂ける様にしています。

 

 

 

よく地面にこんな矢印を見かけませんか?

 

 

杭

これは一般的な杭

 

 

 

Exif_JPEG_PICTURE

これも一般的です

 

 

 

杭2

まあまあ一般的

 

 

 

杭4

たまにこんなところにあります。

(玄関タイルの上)

 

 

 

杭3 (1)

「無いな~」と思っていたらコンクリートブロックの上に!

なんてことも。。

 

分筆作業は測量士さんへ依頼し分筆後、法務局で登記されます。

その分筆した土地がお客様へ手渡り、建築が始まります!!

 

意外とドラマ性のある分筆作業をもっと詳しく聞きたい方は

文京支店の長谷川までお問い合わせください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ