東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2021年7月8日 | Category:家づくりノウハウ |

2
 

前回このコーナーで、都心に住むことのメリットを少しお話させていただきました。

今回はそのメリットの中でも、ちょっと難しい「資産性」についてお話させていただきます。

 

不動産の世界には「リセールバリュー」という言葉があります。

 

リセールバリュー(Resale Value)とは、取得した財産を再び売却したときの価値のことで、資産価値を表すものです。「Resale」には再販、「Value」には価値という意味があります。不動産のほか、中古車の売却でも用いられている言葉です。

リセールバリューは、取得価格に対する再販価格から算出しますが、不動産では新築時の価格を100とした割合による価格維持率で示されたりします。

都心立地の住宅は、郊外の住宅と比べて、一般的にこのリセールバリューが高くなります。

 

なぜでしょうか?

 

まず第一に、購入費用に占める土地代と建物代の比率の問題があります。

仮に、同じ5000万円で郊外と都心で家を購入した場合で考えてみましょう。

郊外の家は土地代が安く、建物が大きい分建物価格が大きい。(例えば2000万円+3000万円)

都心の場合は土地代が高く、コンパクトな分建物代は小さい。(例えば3500万円+1500万円)

それに対して、年とともに建物部分の資産価値は低下しますが、土地には安定した資産価値が見込めるので、都心の住宅の方が価格が維持され安い、ということになります。

 

また、リセールバリューに大きく影響するといわれるのが、中古市場での人気を左右する立地。エリアや最寄り駅の路線、駅からの距離などの条件で、売却できる可能性が大きく変わります。

また、希少性も大きなポイント。

郊外の駅なら、そこから徒歩10分圏内に家を建てる土地もたくさんありますが、都心の駅では、土地がないから家が建てられない。だから、中古住宅の購入ニーズも高いわけです。

 

郊外に建つ大きな家を「豪邸」などと言いますが、資産価値という点で考えれば、都心の土地こそが大きな強味を持ってきます。将来の住み替えや、お子さまに資産を残すことを考えるなら、多少狭くても都心の土地で。

建物は私たちのノウハウで、暮らしやすい住まいを実現しますのでぜひお任せください。

 

 

|Date:2021年7月6日 | Category:家づくりノウハウ |

1
 

マイホームを持つなら、やっぱり戸建てがいいなあ。
そんな夢を描く方の中には、「予算を考えて郊外で・・・」という選択を視野に入れている方も多いかもしれません。
確かに、土地の高い都心より郊外の方が、同じ予算で広い家を手に入れることはできます。

 

でも、広さを求めて郊外に住むことが正しい選択なのでしょうか?
都心に住むことによる「お得」「メリット」が、実はたくさんあるのです。

 
●まず、誰もが思い浮かべるのが「通勤時間」でしょう。

実際、通勤時間をコスト計算してみると意外と大きな金額になります。
会社勤めの人にとって、通勤時間は会社へ無償で提供している時間です。たとえば、手取り年収500万円の場合で計算すると、通勤時間が1時間と2時間(その差1時間)では、無償で会社へ提供する時間コストが10年間で500万円を超える額になります。

2451円(時給換算したコスト)×1時間×20日×12カ月×10年=588万2400円

それだけのコストを無駄にしてしまうのか、自分のために使えるかは大きな違いです。
人間に平等にあたえられた資源は時間です。できればこの時間を通勤以外の趣味や遊び、勉強に使って、生活の質を高めたほうがいいですよね。

 

●都心なら、遊ぶ・学ぶどれをとっても選択肢が広い

通勤時間の短縮により余裕のできた時間を有効に使って生活を楽しもうとしたとき、都心であれば、交通の利便性、日常の買い物施設、医療機関や学校といった基本的な生活サービスだけではなく、個々のライフスタイルに対応した高度で多様なサービスがあります。
たとえば、映画を観たり、コンサートに出かけたり、美術館や文化施設なども、都心ならすぐ近くにたくさんあります。
ショッピングも、日常の買い物の便利さだけでなく最先端の商業施設がありますし、話題のレストランも多くは都心に集中しています。
選択肢が多いことは、豊かさの象徴です。豊かな暮らしを効率よく楽しむなら都心です。
しかも実は、住宅の「資産性」という面でも都心はメリットが大きい。
次回はその「資産性」について、お話させていただきます。

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ