東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2015年3月26日 | Category:日々の出来事 |

文京支店の山本です。

今回は子供の誕生日の為に訪れた『三鷹の森ジブリ美術館』を投稿します。

3/17が息子の誕生日なのですが、買い物やプレゼント探しとかでバタバタしていたので、次の日の3/18に自分と奥さんと息子の3人で初ジブリ美術館に行きました。

 

IMAG0014-1

 

 

IMAG0015-1

 

 

IMAG0017-1

 

中の撮影が禁止されていましたので、入って直ぐの写真です。

門から中に入って直ぐ、トトロのお出迎え。下にはまっくろくろすけが・・・さすがの息子も知っているだけに興奮していました。

美術館の建物は、味わいがあり、そのままの姿でジブリ映画に出てきそうな雰囲気が感じられました。

美術館に入ると、受付で映画のチケットなのか、フィルムを人数分貰いました。

奥さんはポニョの1シーン。分かる分かると言いながら光にかざしました。

息子のは紅の豚の1シーン。最初は何となくどのシーンか分からなかったのですが、よーく見ると自分の好きなシーンでした。

そして自分のはゲド戦記の1シーン。すっごく遠目のシーンで、3人共、全く分からないシーンでした。自分だけ悪運です。

それで、最後の写真です。

 

IMAG0019-1

 

 

IMAG0022-1

 

 

IMAG0023-1

 

 

4枚目の写真は、ラピュタで現れた巨神兵!大きくて、カッコよくて、感激です。

息子は、その前に遊んでいたトトロに出ていた猫バスの方が良かったみたいです。

5枚目の写真は、外の水呑場です。普通と違って、デザインに凝っていました。

6枚目の写真は、水呑場の傍にあるベンチです。何か羽に見えませんか?見えないですかね?

後は、買い物を済ませ、ジブリでしか見れない映画を見て、岐路に着きました。

ジブリ好きや、そうでない方にも、ちょっとした気分転換にお勧めなスポットです。

最後に、初顔出しの5歳になりたて山本Jrです。宜しくお願いします。

 

㈱BLISS  山本

 

|Date:2015年3月25日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは!文京支店の杉森です。

以前のブログに趣味でDIYに挑戦中だと書かせて頂きました。

テレビ台が使いづらかったので、今度はテレビ台を作ってみました。

作成途中の写真は撮っていなかったので完成写真をアップします。

 

 

★IMG_20150324_074727

 

 

今回も材料は、ホームセンターで安価なものを購入しました。

杉の板材を購入し、塗装仕上にしました。

正面のパネルは引き違いの扉になっていて、中にはCDやDVD等を収納できるようになっています。

 

 

★IMG_20150324_074322

 

 

中央部分にはTVやDVD機材と配線関係が納まる様にしました。

正面の格子の間には隙間が開いていて、扉がしまった状態でもリモコンが使える様になっています。

 

 

★IMG_20150324_074149

 

 

以上、企画設計部 杉森 のDIYに挑戦テレビ台編でした。

ものづくりは、やっぱり楽しいですね・・・

また何か作ったら写真をアップさせて頂きます。

ありがとうございました。

 

 

株式会社BLISS 杉森

 

|Date:2015年3月24日 | Category:日々の出来事 |

 

 

はじめまして!

2月から入社しました、文京支店の林 愛華と申します。

これから宜しくお願いします。

 

建築のことは全く知らないところからのスタートでしたので、日々勉強の毎日です。

 

この間、練習で自分のイメージする外観のパースを作りましたので、ご紹介いたします。

こちらです!!

WS000230

 

メインとなるサイディングは真っ白だと汚れてしまうかなと思ったので、ベージュがかった色を。

アクセントには木のような風合いがあるサイディングで温かみを出してみました。

 

外壁は図面だけですとなかなかイメージがわきにくい部分です。

このように「外観パース」を作成することで具体的にイメージがしやすくなります。

 

 

外壁をどうするか悩まれている方は是非参考にしてみてください。

 

 

文京支店 林 愛華

 

 

 

|Date:2015年3月23日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは、文京支店の門馬です。

 

最近のニュースで免震偽装なんて言葉を耳にされた方も多いと思います。

そんなニュースを聞くと心配ですよね。

我が家は大丈夫なんだろう?

 

地震に対する装置って結構あるんですけど、免震、制震なんて皆さんご存知ですか?

地震に強いとか、揺れないとか何となく想像は付くかと思います。

今回は簡単に免震、制震についてお話ししたいと思います。

 

免震とは地震力を抑制することにより構造物の破壊を防止することを意味します。

免震装置は、建物と地面の間に装置を付けて、地震があっても揺れを直接建物に伝えない

装置です。

一方制震は建物内部の機構(装置)により建物の振動、揺れを低減させることを意味します。

制震装置は建物内にダンパーと呼ばれる振動軽減装置を設置し、地震のエネルギーを吸収し

建物に粘りをもたせて振動を抑える装置のことをいいます。

 

弊社のPATIOシリーズは去年から制震装置を標準にし、地震に対しての振動を軽減させる建物

になりました。

 

こちらが制震ダンパーです

WS001378

写真のダンパーを柱や梁に固定しますが、一棟に30ヵ所位設置します。(図面で設置箇所をメーカーが検討します)

このダンパーで揺れの55%を抑えることが出来るそうです。

 

 

PATIOシリーズ以外でもオプションで設置は可能ですので、ご興味をお持ちのお施主様がいらっしゃれば担当営業に

ご相談下さい。

 

 

 

 

 

 

|Date:2015年3月22日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。文京支店の生川です。

BLISSが建築する建物の多くは、狭小住宅になります。

多くのお客様が、それぞれの限られた間取りの中で工夫を凝らしています。

 

例えば・・・

階段下にトイレを配置するのは、今では一般的になってきました。

049

 

004


壁紙1面貼り分けるだけで、印象変わります。

さらにトイレの中に手洗器をオプションにて追加される方も多くいらっしゃいます。

009

 

869

 

いい感じになってきました。

どんどんいきますね。

ちょっとしたスペースも逃さない、そんなイメージでご覧下さい。

013

 

 

043042

 

このような無駄のない間取りのご相談、お待ちしています。

 

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ