東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2016年4月17日 | Category:日々の出来事 |

西東京工事課の吉田です。

春暖の候、ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。

花の宴たけなわの今日この頃、さぞご活躍のことと祝着至極に存じます。

花水木を揺らす風もさわやかな季節となって参りましたが、杉の花粉は容赦してくれないようです。皆様はいかがでしょうか?

 

今回は誰もが一度は見たことのある下記の写真のものについて、触れてみたいと思います。

capacitor_img0001
 

ある訪問先のお客様の子供部屋で春休みの自由作品と思われるラジオの組立中の部材があり、少年時代をフラッシュバックしてしまいました。

子供の時、新しい電子機器製品を買ったときは、どうしても中身が見たくなる少年だった私は電子機器製品をよく分解してました。そしてその時に出会うのがコンデンサーです。

この一センチにも満たない電子部品ですが、現代においては、常に身の回りにあるもの、そして、我々の暮らしを豊かにするもの。

表の主役が資本主義経済であるのに対し影の立役者といったところでしょうか?

常に身の回りにあるもの…携帯 パソコン これらには数多くのコンデンサが使用されております。携帯には約230個 パソコンには約730個 こんなにたくさんのコンデンサが使用されております。

こんなに常に一緒にいるのに、いることの存在ですら忘れられている。

まさに『家庭内別居』という言葉がピッタリと当てはまるのではないでしょうか。

そのコンデンサの役目は大まかに言うと、電気を蓄えたり放出したりする電子部品です。

無題  1無題  2無題
 

8   5無題
3無題      7無題
 

また上記写真のようにコンデンサにも何種類かあり、小型で熱に強く、高周波の回路でも使えるセラミックコンデンサ、大きな容量が得られる電解コンデンサ、温度による容量の変化が小さく、高精度なフィルムコンデンサ、容量を変えることができる可変コンデンサ、回路の微調整や部品のばらつきを補正するための可変コンデンサでトリマーコンデンサ、このようにいろりろとあるのですが、全ては物理学を専攻していた人ならば馴染みにある。

公式 Q=1/(4πk)・(S/d)・V

この公式こそがコンデンサの全てであると言えるでしょう。

この公式を初めて見たとき、幼いころから電子機器の分解で出会った数多くのコンデンサたちが、このたったこれだけの公式に全て制されているのかと考えると、今度はこの公式の持つ意味を知りたいために、この公式を分解することにより、なんてこの電子部品は凄く、そして『同じ人間なのに、なぜこんな発想ができるのか!』とこのコンデンサを発明した物理学者に対して敬意の念を表したのを覚えてます。

多くの真面目で優秀で情熱的な物理学者たちが夢と希望を抱きこの10㍉ない電子部品をつくるために尽力を注いでいたことがうかがえます。

皆様も都会の喧騒に疲れたとき、ふと幼少時代の体験したことを思い出す事で、いつのまにか現実との狭間にたち、萎んでいった夢…あきらめていた夢…などその時あの時、考えていた事をフラッシュバックすることは、疲れがふっと飛ぶような感覚になることができるので、是非試してみていただきたいと思います。

 

陽光うららかなる折柄、皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

また、ここのところ天候不順の日もございます。くれぐれもご無理なさいませんようご自愛専一に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|Date:2016年4月16日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは  工事課の関です。

4月から新宿店工事部ではなく、

西東京工事課に部署名がかわりましたので、今後ともよろしくお願いします。

 

昨年も同じ時期にブログを書いていたので、見てみたら

『来年は満開のさくらを見ながらゆっくりビールを飲んですごしたいです。』と書いていました。

1460519043825   1460519054314   1460518610392
 

今回は天気も良く、満開だったのですが

 

1460519070475  1460518583498
 

たまたま立ち寄っただけで、残念ながらビールを飲むことすらできませんでした (>_<)

みなさんは、花見を楽しめたでしょうか。

次回は、ゆっくりさくらをみながら ビールを飲んですごします。

また来年に報告します。

 

 

 

 

 

 

 

|Date:2016年4月15日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは、新宿店の村本です。

花粉症の皆さま、体調はいかがでしょうか?

症状がひどい方は2月くらいから梅雨の時期まで、ずっとズルズルズル・・・と、とても大変のようですね。

毎年、くるかくるか、と構えておりますが私はまだデビューしていないので、

このまませずにいたいなあと思っております。

 

最近は休日もなかなか外出できていないのですが、

以前訪れて素敵だなと思った美術館をご紹介したいと思います。

 

IMG_6321
皆さま、港区にあるこちらの美術館をご存じでしょうか?

美術館自体は1941年に根津嘉一郎氏の収集品を展示するために作られたもので、

本館は2009年に隈研吾の設計で建築されました。

とにかくこの美術館が、かっこいいんです・・・!

IMG_9737
アプローチ、かっこいい・・・!

 

IMG_0281
トイレ内も、かっこいい・・・!

 

IMG_6316
これは何だかお分かりでしょうか?

コインロッカーもまた、かっこいい・・・!

 

IMG_7889
日本庭園もまた素敵ですね!

庭園もかなり広く、自然の傾斜を活かし、軽くハイキングの気分です。

茶室が4棟、薬師堂などの建物や、石塔や石灯籠なども点在しており、見所満載です!

 

これからGWとなりますので、もし機会がありましたら

足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

所在地:東京都港区南青山6-5-1

アクセス:地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線 「表参道」駅 A5出口より徒歩8分

開館時間:午前10時~午後5時(入館は4時半まで)

休館日:月曜日(月曜が祝日の場合は翌火曜)・年末年始

入館料:特別展 一般 1300円

コレクション展 一般 1100円

TEL:03-3400-2536

|Date:2016年4月14日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

新宿店 営業の原です。

友人に煽られて軽い気持ちでバンジージャンプに初挑戦!

どうせやるなら日本一ということで地元茨城へ。

 

田舎者なので何もないところでもかなり心落ち着きます。

が、しかし!山を登り目的地に近づくにつれてテンションが下がっていくばかり。

到着し、みなきゃいいのに↓な感じで更に沈んでいく我がテンション

IMG_4135
 

ジャンプまで1時間以上も時間があったので拷問のような時間に耐えきれず、

とった対策は↓

IMG_4136
必殺【お品書きを眺める】

楽しい昼食を必死にイメージしても拭い去れない恐怖心

 

※実際のジャンプ姿はとてもお見せできないので割愛します。

※カウントダウンを2回スルーして3回目でようやく目的達成したわけです。

 

飛ぶまでは全くお腹が空かない状態でしたが、飛び終わった瞬間に即お腹が空いたので

インストラクターのお兄さんがお勧めの常陸牛を求めて移動すること40km。

到着時間と営業時間がかみ合わずさっさと店を浮気してハンバーグ専門のお店へ。

美味すぎて大盛り+おかわり。

ここの店はお勧めです!

IMG_4153
 

無我の境地に入りたい方は是非行ってみてください。

確実に入れますよ!

 

 

 

 

|Date:2016年4月13日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは!

新宿店営業の高橋です。

 

先日お休みを利用して、鎌倉と江ノ島に行って参りました。

 

鎌倉といえば関東に住む人たちの人気観光スポットですが、

お恥ずかしながら千葉県に生まれてこのかた鎌倉へ行ったことがありませんでした。

東京から車で1時間半ほどでいける場所にこんなに風情がある場所があるなんて・・・!

 

平日だったのですが、桜も満開の時期で春の鎌倉はものすごい人だかりでした。

こちらは鶴岡八幡宮。

IMG_5236[1]
鶴岡八幡宮では、恒例の?おみくじをひいたのですが、

やっぱり凶!笑

初詣でも凶引いていたのでもうでないと期待していたのですが、神様はどうやら私の見方はしてくれないようです・・・笑

 

その後は、定番ですが、湘南エリアにまわり江ノ島に行ってまいりました。

島を初めて一周したのですが、なかなかの運動量・・・

IMG_5238[1]
急な階段がつづきます。

でも、高台にあがったところで桜の素敵な景色を見ることができました。

IMG_5237[1]
おみくじは凶でも、今年一年良いことがありそうな気がしてきます。(^^ゞ

 

皆さんも、週末の家族サービスの場所に困ったら、

春の鎌倉・湘南に行かれてみてはいかがでしょうか。

 

高橋

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ