東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(水曜定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2017年7月31日 | Category:日々の出来事 |

皆さん、こんにちは。

本店営業部 黒岩です。

 

私事ですが、代休を含めた三連休で実家に帰省いたしました!

私の実家は群馬県の嬬恋村というキャベツが有名なところにあります。

雨も降っていたせいか、東京とは違い少し寒いぐらいの気温でした。

 

4月に入社いたしまして、大分仕事にも会社にも慣れました。

ですが、楽しく仕事をしていても疲れは解消しないと溜まっていくものです。

私自身も大分疲れが溜まってしまっていました。

 

私にとって癒しや頑張れる素になっているのは「家族」です。

ですので、たったの3日間でしたがとても充実した3日間を過ごすことが出来ました。

 

実家で飼っている、シンちゃん(犬)にも会えたのでよかったです。

ちなみにシンちゃんはこちら↓

img_3766
 

 

 

 

 

 

 

実家のお庭で撮影いたしました!!

 

皆さんもぜひ、贅沢に休暇を使って「リフレッシュ!!」してみてはいかがですか?

 

 

★★★セミナー情報★★★

8/27(日) 横浜みなとみらい BLISS展示場前セミナールームにて

高性能住宅を考えるセミナーを開催いたします。

セミナー情報告知
事前予約制となっておりますので、詳しくはセミナーページを参照ください。

https://bliss-d.com/blog/seminar/

|Date:2017年7月30日 | Category:日々の出来事 |

みなさま こんにちは!

BLISSの湘南ガール?こと 本店営業部 杉山です。

 

タイトルの通り、アイスクリームのおいしい季節となりましたね。

前回、私が通勤する際に、電車から見ることが出来る

東戸塚駅から歩いて5分

アイス工房「メーリア」をご紹介したのですが、

(場所はこちらを↑↑クリック!)

まだ伺えておりません。

今回のブログで紹介したかったのですが・・・残念。

次回のブログでは必ずアイスを食べます!

そんな待ち遠しいアイス工房をグーグルマップの航空写真でみていると・・・

・・・ん?

近くの建物の屋根に何か文字が・・・

・・・M・・・I・・・L ・・・K・・・

MILK

そうなんです!『MILK(ミルク)』という文字が、屋根のデザインを利用して書かれていたのです!

なんというかわいらしさでしょう

みえないところにもMILKに対する愛情を感じます。

是非皆様も【MILK】の文字探してみてくださいね!

住宅の屋根を上から見ることはあまり出来ませんが、

BLISSではオプションで表札の設置を承ることが出来ます。

外壁やご自宅のイメージにあわせて表札を考えてみませんか?


 

こちらは湯島本店ショールームに飾ってあるBLISS表札です!

ポストなどのデザインもあわせてイメージすると

まとまりがでますね!

 

 

 

 

いろいろなデザインがございますので、表札をご検討の方は

是非、担当営業へご相談ください!

 

本店 営業部 杉山

 

★セミナー情報★

7/30(日) 横浜みなとみらい BLISS展示場前セミナールームにて

高性能住宅を考えるセミナーを開催いたします。

セミナー情報告知
事前予約制となっておりますので、詳しくはセミナーページを参照ください。

https://bliss-d.com/blog/seminar/

 

 

|Date:2017年7月29日 | Category:日々の出来事 |

皆様こんにちは。

本店営業部 小林です。

日に日に暑さが増していく今日この頃ですが、夏バテはしていないですか?

前回のブログで書かせていただいた、私の新幹線通勤の夢は未だ叶わず・・・

そろそろ現実を見つめ直して夏バテ対策を本格化させようかと思っております。

 

それはさておき

 

本日、とあるお客様の『地鎮祭』に参加して参りました。

これまでにも地鎮祭は何度も参加させていただいていましたが、改めてどんなものなのか調べてみました。

 

『地鎮祭』とは・・・

・家を建てる際に、その土地に住む神様を祝い鎮め、その土地を利用させてもらう許可を得ること

・これからの工事の安全と家の繁栄を祈願すること

とありました。

その歴史は古いようで、持統天皇期の日本書紀の中にはその記述があり既に行われていたそうです。

何となく「平安時代頃にはあったのかなぁ~」なんて私は思っていたのですが、さらに古い時代から行われていたなんて驚きました!

しかし、一般に広く普及していったのは江戸時代後半になってからと考えられているそうです。

 

実際に、式の流れとしては

参列者やお供え物のお清めをするところから始まり、神様をお迎えしお供え物を差し上げ、祝詞を奏上し・・・

とたくさんの儀式があります。

その中で、お施主様に実際に行っていただくこともいくつかあります。

 

その1つが『鍬入れの儀』です!!

 

img_1132
このような砂の山に

「えい!えい!えい!」

との掛け声と共に 左・右・真ん中 の順に鍬を入れていただきます。

ws000038
 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じですね。

お施主様の

「えい!!」

の掛け声が聞こえてきそうですね~

このように遠慮なくざっくりと鍬を入れていただいて構いません!!

 

ちなみに、本日のお客様はご家族に多数参加いただき皆様に鍬を入れていただきました↓↓

img_1186

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、このときの掛け声「えい!えい!えい!」ですが、漢字で表すと

「栄!栄!栄!」

「栄える」という文字で表すんです!

だいたい皆さん、この説明を神主さんがすると「なるほど~」といったリアクションと一緒になかなかいい掛け声をして下さいます(^^)

 

『地鎮祭』のほんの一部をご紹介させていただきましたが、何となくイメージいただけましたでしょうか?

必ずしもやらなければならないと言うものではありませんが、一生に一度経験するかどうかのことになるかと思いますので、今後ご自宅の建築をご検討中の方は『地鎮祭』についても一緒に考えてみてはいかがでしょうか??

今は、たくさんの方の『地鎮祭』に施工会社の営業と言う立場で参加させていただいている私ですが、

いつの日にか自宅の地鎮祭に施主という立場で参加することを目指して頑張っていきたいと思います!!

 

★★★セミナー情報★★★

7/30(日) 横浜みなとみらい BLISS展示場前セミナールームにて

高性能住宅を考えるセミナーを開催いたします。

セミナー情報告知
事前予約制となっておりますので、詳しくはセミナーページを参照ください。

https://bliss-d.com/blog/seminar/

 

 

 

|Date:2017年7月28日 | Category:日々の出来事 |

皆様こんにちは、本店 営業部 の桑木野です。

関東地方は梅雨明けし、暑い日が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか?

 

先日、癒しを求めて山梨県の【昇仙峡:しょうせんきょう】という所に、

休日を利用して行ってまいりました。

少しでも涼しい場所に行きたい事と日頃の疲れを取る事が目的です。

その中で、自然の力はすごいなぁと感心する名所がありました。

 

昇仙峡の中にある【石門:いしもん】というパワースポットです。

dsc_0022
 

 

 

 

花崗岩が組み合わさった天然のトンネルです。トンネルとしては短いのですが、

大きな岩が不安定に積み重なり、崩れそうで崩れない事が魅力の一つとなっております。

また、積み重なっている岩の先端が僅かに離れていて、

今にも崩れてくるのではないかと思わせます。

 

 

dsc_0020%e7%9f%b3%e9%96%80%ef%bc%88%e5%8f%8d%e5%af%be%e5%81%b4%ef%bc%89%e7%9f%b3%e9%96%80
 

 

 

 

 

人為的に造った物では無いので、自然の力には驚かせられます。

 

その他にも、同じく昇仙峡にある【仙娥滝:せんがたき】も水しぶきが届くぐらい

気持ちの良い場所でした。

 

 

senngatake
 

 

 

 

 

 

 

ちなみに、日本の滝百選に選定されているようです。

 

暑い日が続くと海やプールに行きたくなりますが、

自然に囲まれた山もオススメです。

夏の暑さを乗り切れる、涼しいオススメスポットを

是非私に教えてください。

 

本店 営業部 桑木野

 

★★★セミナー情報★★★

7/30(日) 横浜みなとみらい BLISS展示場前セミナールームにて

高性能住宅を考えるセミナーを開催いたします。

セミナー情報告知
事前予約制となっておりますので、詳しくはセミナーページを参照ください。

https://bliss-d.com/blog/seminar/

|Date:2017年7月28日 | Category:日々の出来事 |

皆様こんにちは、本店営業の小嶋です。

 

本日は木造住宅に使用する構造部材について書かせて頂きます。

今月、同時期に2件の立会いを行いまして、そのどちらの

お施主様からも2つの同じご質問を頂きました。

 

一つ目のご質問は次の写真の部材についてです。

 

DSC_0106

DSC_0106



 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真中央に移っている太い部材、これはLVL(ラミネイテッド・ベニヤ・ランバー)という部材です。

天井の中を右から左へ走っている梁として使用しています。

ご質問は、「そもそもこの部材はなんですか?」というものでした。

写真では見づらいですが、このLVLという部材は薄い木板を

ミルフィーユ状に何十層にも重ねて構成されています。

強度が高く、部材の形状設定の自由度が高い点などで、

大きな荷重がかかる場所に用いられます。

 

 

しかしながらミルフィーユ状になった断面部分は

木板の切れ端面が連続しているため、現場でのカンナがけが

効きにくい等のデメリットもあります。

 

 

二つ目のご質問は次の写真についてです。

 

DSC_0108

DSC_0108



 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真中央で黒い層の上に載っている部材、これは土台という部材です。

基礎の上に水平に固定され、基礎と建物の骨組みとを繋ぐ役割があります。

ご質問は、「この部材に空いた無数の穴はなんですか?」というものでした。

写真をよくご覧頂くと、すいかの種のような黒い点が土台に無数に

付いているのがお分かり頂けるかと思います。

近くで見ると、彫刻刀で溝を彫ったような浅い穴が出来ているのですが、

実はこれは防腐剤を注入する際に出来た穴です。

基礎や土に近い場所の部材になりますので、防腐剤や防蟻材を

しっかり施して部材を守っています。

 

この2つのご質問を頂いて、どちらの部材も素材は木材ではありますが、

人口的な加工がわかりやすく表れている点で共通していると感じました。

工務店の人間からすればそれは技術の表れでありますが、

お施主様の目線に立てば「普段見慣れている印象とは異なる木材」は

不可解で違和感のあるものになります。

お施主様の目線の立ち、お施主様と「不可解で違和感のあるもの」

との橋渡しが出来るよう、これからも努力してまいります。

 

★★★セミナー情報★★★

7/30(日) 横浜みなとみらい BLISS展示場前セミナールームにて

高性能住宅を考えるセミナーを開催いたします。

セミナー情報告知
事前予約制となっておりますので、詳しくはセミナーページを参照ください。

https://bliss-d.com/blog/seminar/

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ