東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2017年9月15日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは、信濃町office 9Fの安藤です。

弊社で施工したアパートのお部屋が1日でも早く満室になるよう

日々考え狭小住宅で工夫させていただいていることを少しご紹介いたします。

 

インターネットで検索すると都内23区内だけでも数十万も

賃貸の募集物件がでてきてしまいます。

その中でしぼりこまれやすい、人気のある内装・設備は

『エアコン付き』『バス・トイレ別』というのはよく耳にします。

なのでお風呂とトイレをそれぞれ設置できるほどの空間がなくても取り入れたく

◎湯船をなくしたシャワールームにしました。

%ef%bd%82%ef%bd%94
またほかの物件では人気上位にあるといわれる

◎シャワー付き独立洗面化粧台もいれて

bt
ひとつスペースに3つの機能で有効活用ができました。

 

つぎに、間取りをみて気にされることのひとつとして

玄関入ってすぐ居室部分がみえないよう

◎壁をつけたり

1
◎入口の向きを考慮して設計させていただいております。

%e7%8e%84%e9%96%a2
 

◎オートロック

お部屋が狭くてもあったほうが安心される方もいらっしゃるか思います

%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%af
 

◎敷地内に入居者専用のゴミ置き場を設置

ゴミをアミで覆うことなくストッカーがあることによって清潔感を保てます。

%e3%81%94%e3%81%bf%e5%ae%85%e9%85%8d
ほかにもたくさんの工夫をさせていただいておりますが、

これにより家賃収入を下げずにバランスをとりつつ

満室につながるよう努力しております。

ご参考までに。

|Date:2017年9月12日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

アセット部の大竹です。

 

ある日のこと。

ふと立ち寄った駅の近くでこんな光景が。

img_5229
 

 

大規模解体真っ最中。

 

 

img_5737
 

ふむふむ。

この規模だと結構時間がかかる様子。

 

 

 

~一ヶ月半後~

 

 

 

img_5730
 

解体が終わっている!!

 

建物はもちろんのこと手前の駐車場も綺麗になくなっているではないですか。

そして、ナイスタイミングでの西武線通過。

 

img_5731
 

なるほど。

敷地内はこんな風になっているんですね。

全体的に中は敷地が上がっているのがよくわかりますね。

 

え?なになに。

勝手に敷地内に入ってはいけませんということでしょうか?

これは、余計なご心配おかけしてしまいました。

 

 

実はこちらの土地は弊社で仕入を行い、建築計画が進んでいる現場なのです。

ふと立ち寄ったわけではなく、この現場を見るために立ち寄りました。

冒頭の一文をこの場を借りて、訂正させて頂きます。

 

 

さてさて、こちらの現場ではとても興味深い計画が進んでおります。

全区画にアパートが建つのです!!

 

その連棟イメージパースがこちら。

 

%e7%9b%ae%e7%99%bd530%e9%80%a3%e6%a3%9f%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8
 

真ん中と右の間には賃貸併用住宅が建ち、全4棟のアパートエリアが誕生します。

先ほどの前面道路からの写真に被せるとこんな感じに。

 

%e5%90%88%e6%88%90
 

パースだけでは感じられない、リアルさを感じますね。

あー、この建物が建つんだなーと。

まるで気分はマイホームを心待ちにするお施主様の気分です。

 

 

 

ちなみに、連棟イメージパースにある一番右の建物は反対方向から見るとこんな感じに。

 

2%ef%bd%83

※”TricoTerrasse”style

アクセントのサイディングが建物に統一感を持たせてくれています。

部屋毎に使用するアクセントクロスを変えておりますが、

こちらも木目調をベースとして、外観のイメージに沿った選定になっております。

 

 

完成は来年の春頃となります。全4区画アパートという初の試み。

 

 

 

 

完成が楽しみな物件がまた一つ増えました。

 

 

|Date:2017年9月11日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

アセット部の生川です。

 

今回は宅配BOXについてお話したいと思います。

最近よくこのような箱、見かけませんか?

ws000002
 

ご不在でも、荷物の受け取りができてしまう魔法の箱です!

昨今話題になっている再配達のニュースは、記憶に新しいところだと思います。

全体の配達物の約2割が、再配達にまわっているというデータもあるようです。

共働きであったりネットショッピングの利便性が上がった反面、このような話が上がってきている様に思います。

 

いつになく真面目な話になりましたが・・・

そのような問題を抱えているお客様は是非ご検討ください。

 

最近お問い合わせが多い商品がこちらです。↓

ws000000
パナソニック コンボ

電気工事が不要な為、建物が完成した後でも設置可能です。

サイズ・カラーも豊富にご用意しています。

 

ws000001
プロボックス社 宅配BOX(防雨型)

 

ある程度の設置スペースの確保が必要ではございますが、採用頂いたお客様からは

喜びの声を多数頂戴しております。

 

個人的には便利だなと思う反面、宅配業者の方とのコミニュケーションが

取れなくなる切なさ・哀愁を感じます・・・。素材・色味がそう思わせるのでしょうか・・・

 

 

|Date:2017年9月10日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

まだまだ残暑が続きますね。
お休みの日に墨田区の両国駅近くにある、すみだ北斎美術館に行ってきました。

01_20170829_141621
 

02_20170829_141936
 

 

 

03_20170829_141725
設計は世界的に有名な建築家で、建築界のノーベル賞とされるプリツカー賞を授与した妹島和世さんです。
金沢21世紀美術館が有名でしょうか。

内部は、浮世絵師葛飾北斎の常設展示となっています。

近くで見るとアルミの外壁が迫ってきますが、前面の大通りから見ると
あまり大きなビルがない両国のスケール感に合い、思いの他奇抜な感じはしません。

外部と内部がつながり、3Dでしか設計できない不思議な空間になっていました。
私も通常設計をする際は平面と立面を平行で考えていきますが、
ここまで三次元ありきの空間は、住宅やアパートではなかなかないですね。

妹島さんの作品を初めて見たのは、20年前の渋谷区松涛にある戸建て住宅ですが、
高級住宅街で異彩を放っていたシンプルな外観からは、今回のような設計は想像できませんでした。

04_20170829_14190105_20170829_150945
 

 

 

 

 

 

 

 

そして!振り返るとスカイツリー、

近くには当社設計施工の 両国の宿「江戸町家」が建設中です。
現在は外壁と内部造作工事中です。

こちらも竣工しましたら、お知らせします。

 

アセット部 設計 新井

|Date:2017年9月9日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは

設計部の吉井です。

 

今回は、コンセント/スイッチプレートのちょっとした工夫をご紹介します。

設置場所や個数を入念に打合せさせていただきますが、使い易さに着目してご紹介します。

 

まずは、照明スイッチから・・・

ws001000
 

 

 

 

 

 

【ネームプレート付スイッチ】

玄関やLDKなどの照明設備が多く設置される場所に便利です。

お引越しが間もない頃は「このスイッチを押すと、どれが点灯するんだ?」と慣れない内にはネームプレートがあるとわかりやすいです!

【“入切”表示付スイッチ】

赤と緑のランプで点灯状況を教えてくれます。

小屋裏収納やロフト照明だと「登って確認」の手間を省くことができます。

 

続いては、コンセントです。

ws001001
 

 

 

 

 

 

【USBコンセント(オプション品)】

スマートフォンの充電をする際に「プラグをなくしてしまった!!」なんて時に使えます。

作業デスクやベッドの周辺にあると便利なコンセントです。

ws001002
 

 

 

 

 

【カバー付コンセント】

キッチンなどの水廻りにご提案をさせていただいております。

防水・防塵による安心感がありますね。

 

図面通りに取り付けられるコンセントを、更なるちょっとした工夫でワンランク上の使い易さを検討しましょう!!

細かなことでもドシドシとご相談ください!!

 

設計部  吉井

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ