東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2018年2月4日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

アセット部の飯田です。

今回は狭小住宅・・・ではなく、ちょっと大きな賃貸住宅をご紹介させて頂きます。

BLISSといえば狭小ですが、実は大きな物件もやっているのです。

アパートに限ってですが、いくつかご紹介させて頂きます。

 

ちょっと大きな賃貸住宅↓

gaikan_001b-1
こちらは合計12戸の賃貸住宅になります。

1階バルコニーにパネルを使用し、

2階と3階には手すりを使用することによってスタイリッシュに仕上がっています。

実はこの裏側にもう一棟、賃貸住宅がありまして・・・。

こちらがその物件↓
0_010
こちらは少し小ぶりですが9戸の賃貸住宅です。

右側にチラっと映っている物件が先ほどの12戸の物件です。

先ほどの物件と同様に、木目のサイディングで統一しており、

2棟並ぶとかなりの迫力があります。

 

まだまだあります。ちょっと大きな賃貸住宅(工事中です!)↓

0001
正面の白い外壁の建物がその物件です。

の字型の形状をしておりまして、真ん中に通路があります。

その通路から、各居室に出入りをする特徴的な形です。

部屋数は全部で16戸。(この大きさですと”ちょっと”どころではありませんね・・・。)

弊社の施工物件でも、かなり大きな部類になります!

 

今回は普段のBLISSのイメージと違う、ちょっと大きな賃貸物件をご紹介させて頂きました。

実は他にも、賃貸併用住宅や旅館兼アパートなど色々なことに挑戦をしておりますので、

ご興味・ご相談等あれば、お気軽にアセット部までお問い合わせください。

|Date:2018年2月3日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

アセット部の大竹です。

 

昨年、無事に30歳という大台に乗りまして、数ヵ月後には31歳となります。

時間が経つのが早く感じる今日この頃ですが、30歳にして初めて本格的な引越し体験しました。

 

この度、アセット部が新宿区信濃町から同じく新宿区住吉町に拠点を移すことになりました。

 

img_3905
 

梱包作業もあまり経験したことがないため、楽しみながら作業に勤しみましたが、

ダンボール箱に全て移し終えると、こんな山積み状態。

さすがにこの量を見ると『うわぁ・・・』という感じになってしまいます。

 

この他にも棚がいくつもあったり、エレベーターが狭かったりと

難しい搬出作業だったと思いますが、あれよあれよと運び出すS川の仕事人。

 

img_3910
 

なんとも珍しいデスクのエレベーター待ち。

運び出される毎に湧き出るこんなにもこのオフィス広かったんだ感。

 

3時間もかからないうちに、何もない空間が出現していました。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c
 

さらば信濃町9Fの風景、という記念にパシャリ。

さてさて、運び出した荷物の行き先では今か今かと搬入待ち。

 

img_3914
 

長方形から台形の事務所形状になったため、余計に広く感じます。

午後からは搬入作業を再開。

 

img_3925
 

デスクにPCにダンボールとまたまた積みあげること2時間程度。

荷物の移動自体は、すんなりと終了。

今回は宅急便ではないのですが、爽やかな笑顔とともに去っていくS川の人を見て、

S川男子なるジャンル人気も頷ける気がしました。

 

ここからはただひたすらにダンボールを開けて、収納するという地道な作業。

落ち着いた状態になった頃には、既に外は暗くなってました。

 

img_3930
 

これを機に気持ちよく仕事が出来る環境づくりのため、

デスク周りの便利グッズを買い揃えてみようかと思います。

 

施工事例の御紹介は次の機会に。

 

 

|Date:2018年2月2日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

アセット部の生川です。

 

去る1月18日(木) 18:30~

ゆうちょ銀行様の協力のもと、賃貸併用住宅フェアーを開催致しました。

下の写真はその時の1枚です。

建築はBLISS

ローン相談はゆうちょ銀行様

img_1723
 

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、通常の住宅ローンを利用して融資を受ける場合

オーナー部分の床面積が全体の床面積の1/2以上が必要となります。

色々な条件は有りますが、ゆうちょ銀行様ですと

オーナー様の床面積が1/3あれば、融資の可能性がございます。

 

つまり・・・収益をあげる賃貸戸数を増やせる可能性があります。

 

土地の金額次第では、毎月プラス収支に出来る可能性もあるんです。

賃貸併用住宅をお考えのお客様は、是非BLISS開催の賃貸併用セミナーご参加ください!

 

現在BLISSでは定期的に賃貸住宅フェアーを開催しております。

 

★次回告知★

4月12日(木) 賃貸住宅フェアー開催予定

随時個別相談も行っております。

詳しくはHPのお問い合わせフォームよりお願い致します。

 

 

|Date:2018年2月1日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。
毎日寒い日々が続いておりますね。

今回ご紹介する賃貸併用住宅は、住居部分が延べ床面積の1/3以上でご利用して頂ける、住宅ローンに対応した物件となります。

1f
 

2f
 

3f
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

賃貸部分102㎡6戸、オーナー様宅は58㎡となります。

延べ床160㎡/3=53.33㎡

よって、オーナー様宅は延べ床面積の1/3以上の面積となります。
オーナー様宅のLDKは、洋室の3枚引き戸を開け放つ事により、16畳の広々とした空間を実現することも可能です。

当社ではアパートだけではなく、賃貸併用住宅などお客様の多彩なニーズにお答えするプランをご提案します。
随時セミナーも行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。
アセット部 設計 新井

 

 

 

1 3 4 5 6

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ