東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2018年6月4日 | Category:日々の出来事 |

西東京工事課の楓です。

 

5月の連休に草津温泉に行きました。

 

草津温泉は日本の群馬県吾妻郡草津町にある日本を代表する名泉の一つです。

 

湯畑

温泉街の中心部に湧き、名実ともに草津温泉の中核をなす源泉です。囲いの内側にある湯樋は、

高温すぎる源泉水を加水することなく低温化するための施設です。湯の花を採集する目的も兼ねています。

冬季は、2万球に及ぶLEDを使用した行灯型の和風イルミネーション30基による夜間のライトアップで湯畑

を演出する催し「湯畑イルミネーション」も期間限定で行われるようです。

img_0996

img_0990

西の河原公園

温泉街西側の荒原地帯に湧く源泉の総称で、遊歩道などが整備されています。

気軽に温泉が湧出する様子を観察できるようになっている。源泉の名称はこの付近の河原の名称から取られており、かつては町の西側にあることから西の河原(にしのかわら)と呼ばれていました。

img_1036

img_1049

宿に泊まらなくても利用できる温泉が何箇所もあり蕎麦や温泉饅頭など食べられる

お店もたくさんあるので一度行ってみてはいかがでしょうか。

 

|Date:2018年6月2日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。西東京工事課の吉田です。
爽やかな初夏を迎え、皆様お元気にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。

今回はフィボナッチ数列について触れたいと思います。
現在、私の主な仕事としてメンテナンスがメインとなっておりますが、
日々、難しい内容のメンテナンスがくる状況のなかで新築部門の
品質管理システムの向上を目的として、あらゆる状況から問題に関して
重要と思われる原因への対策の手を打っていくために、
パレート図と呼ばれておりますが、メンテナンスの項目別に層別して
出現頻度数の大きさの順に並べることにより、メンテナンスの重点順位を把握し、
多い順から、一般的に魚の骨図と呼ばれている特性要因図により原因を
追究していく手法をとってきておりますが、これを進めていく中で、
ある法則に気がつきました。
ある原因とある原因が重なるとすこし大きな問題となります。
そして、その問題にさらに別の原因が加わるとさらに大きな原因となっていき、
2倍とはならないまでも少しづつ大きな原因となってきます。
これを数列で表現すると、つまり初項を1(原因)と第2項を1(別の原因)とし、
第3項以後次々に前2項の和をとって得られる数列。

つまり、
A1=1,A2=1, A(n+1)=An+A(n-1)
(n=2, 3, 4,……)
で表され、
1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34,……
という数列となります。

そうです。誰もが耳にしたことがあるフィボナッチ数列です。
フィボナッチ数列はいろいろな分野で登場しますが、
メンテナンスにおけるフィボナッチ数列は新築部門の品質管理システムの
向上においても大きな問題とならないためのアドバイスを与えてくれることに
なると思います。
今後はこれをうまく活用しながら研究し、どう品質管理に大きく貢献できるか実験的に
試していき、お客様によりよい住宅が提供できるように努めていく所存です。

長くなってしまいましたが、間もなく梅雨入りかと思われます。
体調を崩さないようお気をつけください。

|Date:2018年6月1日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは工事課の関です。

茨城県ひたちなか市の那珂湊に魚介類を食べに行ってきました。

2 たこ  600円

1  かにみそ 500円

3   かき2個で800円 4
 

7 うに600円 

 8  9
 新鮮!!     

カニみそ エビ カキ うに すし

などいろいろ魚介類を食べ歩きをしてきました。

 

 

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ