東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2019年4月30日 | Category:日々の出来事 |

 

皆様、GWはいかがお過ごしでしょうか。

新宿店コーディネーターの近藤です。

 

最近ベランダで七星てんとう虫を見つけて思わず写真を撮りました。

花もそうですけど生き物からも春を感じられますよね。

何かいいことありそう。。。

img_1106

 

 

 

 

 

 

 

さて、今回はBLISSで標準採用されている洗面化粧台についてご紹介いたします。

間口75cmの洗面台の上に三面鏡が付いているタイプになります。

鏡の裏側は全て収納になっているため、

化粧品や整髪料など細々とした物をたくさん収納することができます。

img_1067img_1108

 

 

 

 

 

 

 

 

また、オプションで2段のフルスライドタイプの洗面化粧台もございます。

上から物が良く見え、取り出しも容易です。

img_1109

 

 

 

 

 

 

 

都心ではなかなか洗面脱衣室が広くとれないことが多いため、

タオル収納が置けなかったり、物が散乱しがちですが、

スライドタイプですと上の段にタオルをしまったり、

置き場所に困るバケツも下の段に収納できます。

img_1116img_1117

 

 

 

 

 

 

また、天井高が230cm以上あれば

アッパーキャビネット(吊戸棚)を鏡の上に設置することも可能です。

 

限られた空間ですが、アイデア次第で収納を増やすことは可能ですので、

ぜひ色々とご相談ください。

皆様のご来場をお待ちしております。

 

新宿店 近藤

|Date:2019年4月29日 | Category:日々の出来事 |

段々と暖かくなってきて外に出かけても

汗をかいてしまうほどの季節となってまいりました!

 

 

こんにちは。新宿店営業部の佐竹と申します。

 

 

先日、私の地元である栃木県に帰省し久しぶりに祖父の家を

訪れました。

7~8年ぶりに見た光景は懐かしさと一緒に自分が大人になったんだと

感じさせるほど小さく感じるものでした。

 

 

 

ですが、それと同時に祖父の家また1部屋ごとに思い出が沢山あるなと感じました。

 

 

 

祖父の家は木造建築で敷地も広いため2階建てでも1部屋ずつが

広い空間造りとなっています。2階には祖父の趣味であった筋トレグッズが

多くあったのを思い出します(笑)

 

 

 

キッチンから聞こえてくる音、祖父と一緒に食べたご飯や会話。

”家”という空間は、導線がスムーズな造りを心がけるところから

家族の様々な出来事が重なって皆のこころに刻まれる大事な存在なんだと感じました。

 

 

 

そして、その空間はこれからもっと大事にしていかないといけないと

強く思いました。

 

 

 

このブログを見て頂いている皆様も、久しぶりに実家に帰って下さい。

家族の温もり、家の温もりを肌で感じて大切な時間に後悔がないよう

にして下さい。

 

 

 

その人それぞれの”家”。

一生のものです。

家造りは家族の空間です。大切な空間づくりに少しでも

力添えができるよう取り組んでまいります。

 

 

 

|Date:2019年4月28日 | Category:日々の出来事 |

皆様こんにちは。

新宿営業部の芦澤です。

 

先日用事があったので池袋の方へ行きました。

普段池袋は滅多に行かないのですが、折角なので近辺をお散歩です。

 

というのも、以前から行ってみたかった『雑司が谷旧宣教師館』がご近所だったので。

 

img_0272

 

 

 

 

 

 

 

 

佇まいからもう胸きゅんです。

 

img_0318img_0292

 

 

 

 

 

 

 

 

明治40年にアメリカ人宣教師の

マッケーレブが自らの居宅として建てたものです。

都内にある歴史的建造物は、割と有名な建築家が設計したもの多いですが、この建物は設計者不明です。

分かっているのは施工者が棟梁のフジサキさんと大工のイトウさんという事だけだそうです。

 

木造2階建て、当時のアメリカ郊外の住宅でよくみられた様式との事。

全体的にシンプルですが、窓が大きく開放的で、とても気持ちの良い空間です。

 

2階の部屋天井には竹が使われていて、

アメリカ人の日本の素材への興味が伺える部分です。

 

img_0305

 

 

 

 

 

 

 

 

外壁は、わざと湾曲させて窓の庇になる様にデザインされています。

img_0325

 

 

 

 

 

 

 

 

一番テンションが上がったのは窓の鍵!

懐かしい!

わたしの生まれた家も、木のサッシで、この鍵付いてました。

 

img_0310img_0312

 

 

 

 

 

 

 

 

ねじでくるくるして開け閉めするんですよね~、

趣はあるけれどちょっと手間だし、すきま風もすごい。

 

そう考えると、今のサッシは機能的ですね。

BLISS標準仕様のLIXILのサッシは断熱性は高いし、結露しにくいし。

 

まだまだ沢山語りたいところはありますが、きりがないのでこのあたりで・・・。

 

趣がありつつ、機能的で快適な家を、作っていきたいと思う時間でした。

 

 

芦澤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|Date:2019年4月27日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは

新宿店の古野です。

今日はなんと言っても待ちに待ったGW初日!!

皆様はどのようにお過ごしの予定でしょうか。

 

今年のGWには最大で10連休取れ

更に、”平成”から”令和”に変わる一生に一度あるかの特別なGWですね!!

元号が変わるにあたり最近だと『平成最後の~~』という言葉をよく聞きます。

私もついつい使ってしまいがちですが、

この言葉を聞く度に平成生まれの私はなかなか寂しくもなります。

 

前置きが長くなってしまいましたが

私は、今年のGWは温泉地を巡る予定です。

その中でも行ってみたい温泉地を1つご紹介いたいと思います。

 

長野県山ノ内町にある『浪漫風呂』です。

ここの温泉はよく見る温泉とは違いこのような温泉地になっています。

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a31

 

 

 

 

 

 

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3
 

 

 

 

 

 

いかがでしょうか。

床、壁はタイルになっており、窓にはステンドガラスがはめ込まれてます。

日本の温泉にはなかなかない温泉になます。

 

戸建てではステンドガラス等の施工は難しですが

ハーフユニットという浴槽のみをメーカーで施工し

壁や天井などをタイル調・木目に変えることは可能です!!

浴室にこだわりを持ちたいお客さまは一度工務店に

ご相談されてみてはいかがでしょうか。

 

|Date:2019年4月26日 | Category:日々の出来事 |

こんばんは、新宿店の森山です。

 

今日は電気関係のスイッチプレートのお話です。

BLISSで普段使っているスイッチプレートってどんなものでしょう。

あまり普段注目されないところですし、ご質問もいただくことも無いのでちょっとふれてみます。

 

dsc_1844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これがBLISS標準品のコスモワイドシリーズといわれているものです。

蛍ランプ(赤く点灯しいているもの)は普段外部やトイレなどの換気扇にのみつけております。

 

これをちょっと変えてみましょう。

dsc_1845

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちら、アドバンスシリーズというものです。

 

シンプルでスタイリッシュですね。

ちなみにこんな色もあります。

dsc_1848

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブラックです。

壁紙をアクセントとして色をつけたり、木目などにした場合にしまってきますね。

 

コンセントもありますよ。

dsc_1849

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいところまでみていくといろいろなところで工夫があります。

 

皆様もこんな小さな気遣い、いかがでしょうか。

 

森山

1 2 3 4 6

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ