東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2020年12月28日 | Category:施工例 |

こんにちは

ライフスタイル部の畑端です。

今回は、築45年鉄骨造住宅のリノベーションをご紹介します。

こちらの住宅は、1階がガレージ。2階、3階が住居になっています。

その住居部分をスケルトンにしリノベーションしました。

既存の内部間仕切り、天井、床は木で組んでおりましたが、新規は間仕切り、天井を軽量鉄骨で組み、床は置床方式で下地を組みました。

既存電気配線、給排水給湯管も経年劣化しておりましたので、すべて配線、配管を新しく施設しました。

既存3DKを3LDKに。

2階は、水回りとLDK。3階は小さいながら3室設けました。

LDKと居室は、フロアー張り分けし、LDKの暗さの解消も考慮しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

ライフスタイル部 畑端 尚文

 

|Date:2020年12月27日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは 工事部時田です。

今回は千葉市に向けて出発

稲毛浅間神社にいきました

浅間 1
 

手水舎から、参道歩きながら

浅間 手水舎
 

八坂神社のご祭神の須佐之男命は
病気退散の神なんですって

浅間 八坂
 

来年はいい年でありますように

浅間 2  浅間 3
浅間 4  浅間 5 本殿でもお参りして
浅間 6
 

……今日は無性にラーメンが食べたく

コッテリ系がいいなぁと思い

帰りに津田沼で有名な、なりたけに行って

味噌ラーメン。おいしくいただきました

 

なりたけ
 

 

|Date:2020年12月26日 | Category:日々の出来事 |

 

こんにちは

西東京工事課の秋山です。

 

先日、横浜の赤レンガ倉庫でこの時期に開催されているクリスマスマーケットに行きました!

毎年、開催されており今年で11回目とのことでしたが始めて足を運びました!

2020年は例年とは異なりコロナウイルスの影響により事前予約制、時間制限制を導入し人が集中しないように行われおりました。

 

まずクリスマスマーケットとは1393年にドイツ、フランクフルトで始まったと言われておりクリスマスの訪れを待つクリスマス準備のショッピング等を楽しむ催しだそうです!

 

 

会場にはフードエリアとツリーエリアの二つに分かれており、フードエリアではドイツ郷土料理のソーセージやローストビーフシチューなどを食べ、体も暖かくなりました!

また、ツリーエリアにはグッズを扱うブースもありマグカップなどクリスマス雑貨などが販売されています!

67
それぞれ食べ物やグッズを扱っているお店はドイツ製のヒュッテ(木の小屋)が並んでいてその上にはサンタやトナカイの人形が飾られクリスマスの世界観を演出していました!

8
その中でも高さ10mの本物のモミの木を使用したクリスマスツリーは圧倒的な存在感があり赤レンガ倉庫を背景に眺めて見ると雰囲気がとてもよかったです!

4
5
いつかは本場、ドイツのクリスマスマーケットに足を運んでみたいと思います!!

 

 

|Date:2020年12月25日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは

西東京工事課の楓です。

先日の休みを利用して東武動物公園に行ってきました。

東武動物公園は広大な敷地に動物園と遊園地が合体している大きなテーマパークです。

たくさんの動物がいるだけでなく、様々な乗り物やアトラクションも楽しめます。

冬季期間は『ウインターイルミネーション』を開催しています。

IMG_6475
IMG_6476
昼間とは違った雰囲気の動物園も見ることができます。

IMG_6489
ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

|Date:2020年12月24日 | Category:施工例 |

こんにちは。

西東京工事課の飯田です。

皆様は普段街を歩いていて、

車で入って来れないような場所で重機を使って工事している場面を見かけたことは無いでしょうか。

例えば階段を下りた先や狭い通路の奥だったり・・・。

こんな場所にどうやって入って行ったのか、不思議な光景を目にすることがあるかと思います。

弊社でもそのような車の入れない現場を施工することがありますので、

実際どのようにして入れているのか、ご紹介させて頂きます。

今回の実例は階段です↓↓

DownloadPicture
こんな階段です。

写真だと大したことはなさそうですが、階段の上の方は角度が急で危険な所です。

この場所を重機を操作して降りていきます。

ですがそのまま降りると階段をキズつけてしまいますし、

角度も急で危険なのでまずは養生からです。↓↓

DownloadPicture (3)
階段に接する場所にゴムマットを敷き、キズを予防します。

その上に厚みのあるベニヤ板を敷き、ベニヤ本体の滑り予防の為に上から木材でビス止め固定しております。

ベニヤの下にあるアルミの梯子の様な物は、重機をトラックに載せる際の踏板です。

これで降ろす準備が整いました。

後は重機を操作して、この階段を下りるだけです↓↓

2_page-0001
バケットを使いつつゆっくりと、斜めに走行しない様にまっすぐと進む。とても慎重な動きです。

この現場はこの後そのまま進み、無事に階段を下りて現場までたどり着くことが出来ました。

街中で見かける不思議な光景は、見えない場面で職人のこうした努力と技術がありました。

このような現場もBLISSは精一杯取り組んで参ります。

是非お問合せください。

1 2 3 4 6

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ