東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

お客様インタビューInterview

TOP > お客様インタビュー > カフェ風リビングのある家

I様ご家族の写真

カフェ風リビングに家族全員がいつも集まる家。家族が集まるリビングの居心地を
とにかく大切に!他の部屋は
『寝る部屋』として割り切りました

東京都江東区I様邸

家づくりのきっかけは?

三女
我が家では、母と三姉妹の4人で暮らしています。7年前に北九州市から三女の私が上京してきて、その後姉二人と母が順に上京してきて、しばらくは家族全員で3LDKの分譲マンションを借りて暮らしていました。住みやすいマンションでしたが、家賃を払い続けるのがもったいなくて。買い取りの交渉もしたのですが、予算オーバーで諦めることに。そんな経緯で、「次の更新が来るまでに、家を買おう」と決心しました。
マンションのあった地域はとても住みやすく気に入っていたので、同じ地域で物件探しを始めました。近所を歩いていて、不動産情報の立て看板があったらすぐに問い合わせる。そんなかんじで、土地探し、家探しをしていました。
インタビュー中のI様ご家族

BLISSとの出会いは?

三女
BLISSさんとの出会いは、街を歩いていて見つけた看板がきっかけでした。小さな土地にBLISSさんの看板が立っていて、こんな小さな土地に家が建つのだろうか?と疑問に思いつつ、この大きさの土地なら予算内におさまるかもしれない、と思って電話をかけたのをおぼえています。
話を聞くと、土地は9坪強で、建物を建てられる部分は6坪ほどとのことでした。初めは正直、さすがに大人4人で暮らすには狭すぎるかもしれないと思いました。
北九州に住んでいた頃は、家族それぞれのプライベートスペースを重視していて、みんな個々に部屋を持っていました。でも、マンションでの暮らしをよく考えてみたら、家族みんなでリビングに集まって過ごす時間が圧倒的に多くて、それぞれの部屋は寝る時だけしか使っていないことに気づいたんです。大人になると個室はいらないかも、そんな新しい発見もあり、BLISSさんの土地を買って、家を建てることに決めたのです。
小さい家だけど、リビングにこだわった家にすれば、狭くても住みやすい家づくりができるはず、そんな思いで家づくりをスタートしました。
I様邸の外観写真

家づくりでこだわったところは?

三女
リビングで寛ぐI様のご家族 とにかく「リビングの居心地を大切に」すること。LDKのある2階には間仕切りや扉を極力作らず、ワンフロア全体をダイニングとリビングにして、広く使えるようにしました。
リビングは、カフェのようなくつろげる雰囲気にして、家族はもちろん、それぞれの友だちを呼んでお茶ができるような空間にしたいと考えました。そのためにピンクのクロスをあしらってやわらかい雰囲気を出したり、カフェをイメージしてテーブルのそばの壁に本棚のクロスを貼ったりしました。インテリアは次女がセレクトしたもので統一しています。
家族全員ほとんどの時間をリビングでおしゃべりして過ごすので、それぞれの個室の広さにはこだわらず「寝るだけの部屋」と割り切りました。収納って、あればあるだけ物が増えていくんですよね。だから面積ギリギリの収納スペースを作って、入り切らない服や本などは思い切って全部捨てました。不思議なもので、いったん捨ててしまえばスッキリして、その後は捨てた物を思い出しもしないんです(笑)。

あとは、家族が女性ばかりで靴が多いので、玄関のシューズクロークは、たっぷり収納できるように、できるだけ大きく設計してもらいました。 家事動線は極力短くしたかったので、キッチンのそばに洗濯機が置けるようにして、さらに圧迫感がないように白で統一しています。
BLISS担当者とI様ご家族

BLISSとの家づくりはいかがでしたか?

三女
BLISSさんの担当者は吉井さんでした。とてもていねいな方で、こちらが要望を伝えると、その都度細かくデッサンして完成イメージ図を作ってくれました。
こちらでは気づかない、ちょっとした工夫を提案していただけたのも助かりました。たとえば、階段下のスペースをトイレにしたのですが、圧迫感がないようにトイレのスペースを廊下から一段下げるように設計してもらいました。また、窓の位置は隣家の住人と目が合わないよう絶妙に調整してもらったり、照明をトライアングル(三角形)になるように配置することで、明るさは変えないまま、部屋をふんわりした雰囲気に演出してもらったりと、とても助かりました。

実際に住んでみて、住み心地は?

三女
建てる前にイメージした通りの家で、リビングに家族みんなが集まって、紅茶や中国茶など、お気に入りのお茶を飲みながら一日中おしゃべりを楽しんでいます。 本棚のクロスもおしゃれでとても気に入っています。BLISSさんにお願いして、愛犬のケージを置くスペースも設計してもらったので、2階のリビングは、いつも家族が集まる明るい空間になっています。みんなリビングが一番のお気に入りです。
母は「新築を建てるのは今回が3回目で、今の家が一番狭いけれど、3回目にして思った通りの家ができたと」喜んでいます。
キッチンで談笑されるI様ご家族

最後に今回の家づくりの感想を聞かせてください

BLISSさんに巡りあえて良かったです。これからもよろしくお願いします!

「インタビュー一覧」へ戻る

このページのトップへ