東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(水曜定休))

お客様インタビューInterview

TOP > お客様インタビュー > 大好きな浅草に建つくつろぎの家

M様ご家族の写真

大好きな浅草に建つ、くつろぎの我が家。北向きなので、トップライトやスケルトン階段でたっぷり採光できるよう、工夫を凝らしました

東京都台東区M様邸

家づくりのきっかけは?

奥様
私は田舎育ちで「マンションで一生を終えるのはイヤ、絶対に家を建てたい」と思っていました。結婚した当時は賃貸マンションに住んでいて、そのあと分譲マンションを買いました。でもその頃から「次は一戸建てに住みたい」という気持ちがあって、マンションを買った時から土地は探していたんです。 浅草は結婚前に2人でよくデートをしていて、思い出の多い土地だったので、浅草で戸建てを持つのが夢でした。
ご主人
僕はマンションで満足していました(笑)。前に住んでいた分譲マンションは賃貸マンションよりずっと広くて、とても快適で驚いたのを憶えています。ただ、妻が一戸建てに住みたいのは知っていましたし、2人の子どもが大きくなってきて手狭に感じるようになったのもあって、本格的に土地を探すようになりました。
インタビュー中のM様ご夫妻
M様邸の外観写真

BLISSとの出会いは?

奥様
浅草近辺の土地の多くは浅草寺の持ち物で、借地物件が多くて、一戸建ての物件はほとんど出ないのです。それでもやっぱり浅草周辺に住みたくて、台東区エリア限定で土地を探していました。探せば探すほど「やっぱり浅草がいいなあ」という気持ちが高まりました。しかも私は、どうせ戸建てに住むのなら建売ではなくて注文住宅を希望していました。
ご主人
ある時、台東区の別の土地を見つけた時に、その土地用にBLISSさんが参考プランを作っていたのです。そのプランがとても良くできていて、妻も僕も気に入りました。でもその土地は結局どこかの業者さんに買われてしまって…。
奥様
それからも根気よく探し続けていたら、やっと今の土地が見つかりました。その後、以前に見た参考プランがよかったので、BLISSさんに注文住宅の相談にうかがって、そこで担当の門馬さんと出会って、家づくりをお願いすることにしたのです。

家づくりでこだわったところは?

奥様
要望はたくさんありました(笑)。まず、土地が狭いので3階建てにするのが必須条件でした。あとは、1階を子ども部屋にするといつ帰ってきたのかわからないので、1階をお風呂や洗面所にして、2階をリビング、3階を子ども部屋と寝室にしたかったということ。その他も、ルーフバルコニーや、将来的に車を買った時のための駐車場スペース、それからマンション時代から床暖房を使っていて、暖かかったので今回もつけたいと思っていました。
あと、北向きなので採光はかなり重要なポイントでした。階段の上にトップライト(天窓)を作って、階段はスケルトン仕様にして家の中が明るくなるように要望しました。
それから理想だったのが「隠せるキッチン」。広めのパントリーを作って、すりガラスの引き戸で見えないようにスッキリ収納できるようにしました。初め、引き戸は「1枚でいいかな」と思っていたのですが、門馬さんに「ダブル(2枚)にしたほうが見栄えがいいですよ」とアドバイスをいただいて、ダブルにしました。実際、ダブルでよかったです。
ご主人
僕は料理が好きなので、キッチンまわりの収納にこだわりました。あとは、「和」が好きなので、1階の外壁の一部を和風にしたり、2階リビングの奥の畳スペースを作ったりと、家のあちこちに「和」のエッセンスが散りばめられています。 あとシンボルツリーがどうしても欲しくて、駐車場スペースにオリーブを植栽しました。帰ってくる場所に緑があると安心感があるんです。
M様邸のリビングの写真
M様邸のシンボルツリーはオリーブ

BLISSとの家づくりはいかがでしたか?

奥様
とにかく対応が早くて、工事前は門馬さんに、工事が始まってからは現場監督の澤田さんのお二人に色々相談に乗っていただきました。手すりの位置など、住んでみないとわからない部分や、動線などについても、たくさんアドバイスをいただきました。また、工事が始まってから、神棚のことを思い出して、「端材でよいから作って欲しい」とお願いしたら、「プレゼントです」と快く作ってくださって、すごく嬉しかったです。

大変なことはいくつもあったけど、とにかく楽しかった、の一言です。紙の上で色々イメージしながら取捨選択していって、着工後、思い描いたものが少しずつできていくのを見ているとワクワクしました。外壁ができた後は、中が見えなくて不安な気持ちもありましたが、澤田さんが写真付きのメールで進捗状況をこまめに報告してくれて助かりました。
ご主人
BLISSさんに相談してみて、できるところは極力対応してくれて、ダメな時でも代替案を提案してくれて、とても親身になって考えてくださったと感じています。
M様邸のロフトのある子供部屋

実際に住んでみて、住み心地は?

奥様
要望はすべて叶えてもらって、とても快適です!リビングのソファは家族のお気に入りで、好きなものに囲まれながら、家族でくつろげる大事なスペースです。 あと、私は屋上で過ごす時間が好きです。開放感たっぷりで心が落ち着く空間ですね。ひとつだけ心残りなのが、給湯器です。本当は1階に設置したかったのですが、2階に床暖房を入れる関係で2階のバルコニーに設置しました。そのせいでせっかくのバルコニーが少しせまくなってしまって…。でもそれ以外は本当に満足です。
ご主人
僕は音楽が趣味なので、マンション時代に比べて、音を気にしなくてよくなりました。子どもの出す音も気にせずにストレスなく暮らせています。

最後に今回の家づくりの感想を聞かせてください

奥様
私も主人も、もしもまた家を建てることがあったら、また門馬さんと澤田さんにお願いしたいと思っていますし、お二人にもそう伝えています。 家の引き渡しがとても楽しみでしたが、「これで家づくりが終わっちゃうのか」と少し寂しいくらいでした。思い通りの家をつくってくださったBLISSさんには、感謝しかありません。

「インタビュー一覧」へ戻る

このページのトップへ