東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(水曜定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2018年2月28日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは、本店営業の桑木野です。

私は先日決済の為、久しぶりに【渋谷】に行きました。

相変わらずの人の多さにびっくり致しましたが、

その日は午後から休みとなっていましたので、探索をしてきました。

15197372344031519737327018
 

 

 

 

まずは昼食を取ろうと思い、【コックマン】というお店に入りました。

何とこのお店、ランチ時は、ローストビーフ(サラダ、スープ、ライス付き)が500円!!

数量限定ではありますが、東京でこの価格で食べられるとは思いませんでした。

1519737311193
1519737322187
 

 

 

 

続いてお茶をしたいなと思い、【人間関係カフェ】というお店へ。

店名は特徴的ですが、店内は老舗感満載のゆったりできる空間でした。

まだまだお腹が満たされていない私は、コーヒーの他に、マフィンを注文。

こちらも美味しく頂きました。

15197373076761519737297478
 

 

 

 

 

最後に駅まで歩いている途中で、【北海道ソフトパフェ】という如何にも濃厚そうで

美味しそうなデザートを発見。

(期間限定で販売中)(2階で好きなだけトッピングができます)との

甘い誘惑に負けてしまい購入。

やはりソフトクリームが濃厚で美味しく頂きました。

1519737280333
 

 

 

 

 

 

普段あまり行かない場所へ行くのも1つの楽しみかなと思いました。

たまには息抜きをして今後の仕事も精一杯頑張りたいと思います。

※ご協力頂いた本店の皆様、有難う御座います。

 

本店営業部 桑木野

 

 

 

|Date:2018年2月28日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

本店営業の小嶋です。

 

本日は天井について取り上げたいと思います。

といいますのも、今度のブログに何を書こうかと考えていたのが

築48年の古ぼけた自宅のベッドの中だったので、自然と天井が

目に入ってきたのです。

 

ふと目に入ってきた我が家の天井は竿縁天井という種類の天井です。

竿縁天井とは日本の木造住宅に多く使われてきた種類の天井で、

竿縁と呼ばれる仕上げ材の上に天井板を乗せて張って作ります。

DSC_0156
 

床の間と平行に張る、広い部屋なら板の幅を広くするなどルールがありますが、

一方で竿縁の色や形、天井板の色や柄などの組み合わせで色々なデザインを作ることも

可能です。

 

また、我が家はほかに舟底天井という天井も使用されています。

DSC_0159
 

これは舟をひっくり返して見上げたような形をしている事から舟底天井と呼ばれており、

フラットで単調な天井にアクセントとして変化を加えながらも、両端より中央が

高くなる事で天井が高く見える効果もあります。

そのほか、天井の一部をほかより一段上げる折り上げ天井や、杉板、ヒノキ板、竹皮などを

互い違いに編み張った網代天井なども代表的な変化の方法です。

 

一方で弊社で新築させて頂く建物はそのほとんどが天井を壁紙で仕上げています。

やはり空間を白く広く見せるには天井に白い壁紙を張るのが効果的です。

室内のベースカラーを考えるにあたって、床にアースカラー、天井には空の白色を

用いると心地よい配色になるとも言われています。

その中でアクセントカラーとして色や柄の入ったクロスを用いたり、クロスとは違った

素材のタイルや木材やアルミを用いると単調になりがちな室内空間が一変します。

 

防火の基準の厳しい東京では、内装制限によって使用できる部材に限りがありますので、

上述した網代天井など木目を活かした天井を作る際にも、最近はアクセントクロスで

仕上げる事が多くなっています。

 

それでも天井は床と同じく範囲が広く、その仕上げ方で印象が大きく変わりますので、

空間を一変させたいとお考えの方は、壁のアクセントだけではなく、ぜひ天井のアクセントも

ご検討頂いてはいかがでしょうか?

|Date:2018年2月27日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは、本店の門馬です。

 

2月も終わりに近づき、昼間は少し暖かさを感じられる季節になって来ましたね。

毎年テレビなどで、この時期になると三寒四温という言葉をよく耳に致します。

私は寒い冬が終り、春に移り変わることを意味していると思っていました。

寒い日が3日、暖かい日が4日間続きまた寒くなるという7日間の周期で繰り返されるという意味ですが、

もともとは、冬に中国北東部や朝半島で現れる現象のことで、日本にも伝わってきた言葉だそうです。

 

中国北東部や朝鮮半島では、シベリア高気圧の影響で、実際にほぼ7日間の周期で寒い日と暖かい日が繰り返されるそうです。

日本でも冬の言葉として使われているそうですが、実際には日本は太平洋高気圧の影響を受けるので、

冬の間に三寒四温が現れることはほぼないそうです。

 

日本で三寒四温に似たような現象が起こるのは2月末から3月にかけてだそうです。

 

きっとこの時期に三寒四温という言葉をよく耳にするのはこんなことからなんでしょうね。

 

 

|Date:2018年2月25日 | Category:日々の出来事 |

こんばんは

今年、今まで手をつけよう、つけよう、と思いながらもなかなか踏み出さずにいた『ふるさと納税』を始めてみました。私の住まいの地域をチェックしてみると、、食料品などはもちろん、花火大会の観覧席チケットや伝統技法技術による藍染があったりと、種類が多いことにとても驚きました!今まで知らなかったことを覚えると、楽しいこと、お得なことってたくさんありますね!

 

そこで今回は、家を購入するとき知ってて得する豆知識を一部ご紹介します!

1、印紙税の軽減:2018年3月31日までの契約書(不動産売買契約書、建築工事請負契約書)に貼付する印紙が半分に!(※時期、金額により異なります)例:1000万円を越え5000万円以下は、2万円→1万円、5000万円を越え1億円以下は、6万円→3万円)

 

2、贈与税の特例:家を購入する際に贈与を受ける場合、一般住宅が700万円に対し、省エネ等住宅を建てると、1200万円までを非課税で受けることができます!(※時期により異なります)

 

3、すまい給付金:消費税率引き上げによる負担を緩和するため税率8%時は、収入に応じて最大30万円給付金が出ます!

 

etc..

ざっと概略をご紹介しましたが、該当するとお得になるものは他にも御座います。時期により内容が異なりますので、ご検討の際は一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

本店営業部 池田

|Date:2018年2月24日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

本店の中村です。

 

少し日にちが経ってしまいましたが、年明けの2日に母と東国三社参りをしてきました。

この東国三社というのは、茨城の鹿島神宮・息栖神社・千葉県の香取神宮の3カ所を巡る『関東NO.1のパワースポット』だそうです!!!

 

おや?

 

ワタクシ前回もパワースポットに行ったと書かせて頂きましたが、そんなにパワーが欲しいの???

 

いえいえ話題が欲しいのです(笑)

 

前回は『知る人ぞ知る日本屈指のパワースポット』

今回は『関東NO.1のパワースポット』

 

・・・・・・・・・・・・・

 

どちらもすごい!!!

 

ということですね(笑)

 

 

鹿島神宮

dsc_2440
息栖神社

dsc_2470
香取神宮

dsc_2481
この三社参り。さらっと書いておりますが、かなり歴史のある事の様で、江戸時代にはお伊勢参りに次いで人気の旅だったそうです。

 

それはそうでしょう!この「東国三社」調べれば調べる程、習った歴史を薄っすらとしか聞かなかった自分に反省しまくりです。

古事記・日本書紀は日本の神話です!

イザナギ・イザナミが日本を作りましたよ~~~みたいな???

 

これくらいで許してください。。。

 

凄い!という事は私もわかったのですが、特に鹿島神宮と香取神宮は2,600年以上の歴史がある上、平安時代に「神宮」と呼ばれていたのは伊勢・鹿島・香取だけ。

そして東国三社を結んだ3角形では不思議な事が起こったり夢を実現させるパワーをもらえるとのこと…

 

不思議な事ってなんでしょうね?

 

鹿島神宮と香取神宮には「要石」というのがあって、大ナマズの頭を鹿島神宮、しっぽを香取神宮の要石が抑えているのだそうです。

両社の距離は約12キロ。。。大ナマズすごいです。

 

凄い凄いと連呼していますが、実際にその場に立った時にやっぱり違う空気を感じました。

dsc_2449
この杉林も空気が凄いんです。

言葉では表現しにくいのですが、よく言う「ピーンと張りつめた空気」みたいな?

寒いとかそういう事ではないんです。

「厳か」とか「荘厳」とか「神秘的」とかそんな言葉が合っている感じです。

ちょっとびっくりしました。

神秘的と言えばここも

dsc_2455
御手洗池

霊泉の湧く泉です。

そしてこれが国歌にもうたわれている「さざれ石」

dsc_2446
鹿島神宮は本当に不思議な空間でした。

 

次に息栖神社

dsc_2463
ここは井戸がご神体の珍しい神社だそうです。

後から知ったのでその井戸の写真はありません。。。(T_T)

これも後情報ですが、この井戸の中には男瓶と女瓶と二つあり、男瓶は銚子の形・女瓶は土器の形をしているそうで、水が澄んでいる時でないと井戸の中の瓶が見られないそうです。

この瓶が見られれば幸運が、また更に男性が女瓶の水、女性が男瓶の水を飲むと結ばれるというラブラブパワースポットなんですって!

 

母と二人だったので知らなくてもあまり残念ではありませんでしたが、ご興味のある方は是非!!!

 

そして最後に香取神社

dsc_2471
数年前にイチゴ狩りの後ちょろっと寄って行列に巻き込まれたところです。

今年も同じでした。。。

というよりまず駐車場が空いていない=近くの道路は渋滞しています。

 

鳥居から総門まですぐなのに規制で入れません。

dsc_2474
dsc_2479
dsc_2480
あまりの人の多さに、本当に参拝のみで終了です。

 

鹿島神宮はゆっくり色々見て回れましたが、後の2社はあまりゆっくり見ていなかったのでまた今度改めて東国三社参りをしてみようと思います。

 

私は買えなかったのですが、三社を巡って初めて完成するお守りも売っていました。

 

この東国三社参りはバスツアーとかでもあるようですよ~

興味のある方は是非!

1 2 3 4 6

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ