東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(水曜定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2018年4月11日 | Category:施工例 |

こんにちは。

アセット部の大竹です。

3月の竣工Rushが過ぎ去り、落ち着きを取り戻しつつあります。

 

今回はそんな3月竣工物件から、Booりす君にリポートしてもらいましょう。

boo%e3%82%8a%e3%81%99
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さてさて、Booりす君に連れられてきましたこの物件。

この外観写真をみて『どこかで見覚えが・・・』となったそこの貴方。

相当なBLISS Blog読者ですね。いつも有難うございます。

 

実はこの物件、以前ブルックリンコートと御紹介していたコンセプト型賃貸併用住宅のアパートVer.

謂わば『ブルックリンPartⅡ』なのです。

以前は、1つの建物を前後させて連棟のような表現をしてましたが、

今回は実際に2棟それぞれ別の建物として建築してます。

 

ともに屋内階段になっており、オートロック機能付で、女性の入居者も安心ですね。

 

brisu
 

 

館銘板も可愛らしいものに仕上がりました。

集合玄関機中央部には、丸くて白いカバーのようなものがついてます。

これがまた優れものなんです。

 

よく目にする集合玄関機にはシリンダーがはめ込まれているかと思います。

ただ、実際に毎日シリンダーに鍵をさすのは、結構めんどくさいんです。

 

 

 

それが、この白いカバーに鍵を近づけると・・・

 

%e3%83%91%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%83%e3%83%81le
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんと解錠できてしまうのです!!

キートップにIC媒体が埋め込まれた便利な鍵なのです。

解錠を知らせる発色が近未来感を醸し出してますよね。

 

 

そんなハイテク機能を駆使して、

共用廊下を進むと・・・

123
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  \ ぴかっ /

 

1234
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人感センサーで照明が点灯。

 

人感センサーなんて普通だろうと思われたことでしょう。

ただ、力説したいのはメーカー様のアドバイスと

現場担当のおかげで実現できた絶妙な配置になっているのです。

イメージを具現化してくださる方々には頭が下がります。

 

%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この矢印で示した箇所にセンサースイッチが設置されており、

感知すると照明点灯します。

つまり、夜中にずっと照明つけっ放しというわけではなく、

必要な際には点灯し、設定時間経過すると消灯するので、とてもエコなのです!

 

burisukun
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

階段上がった一面に張ったレンガ調クロスとコンクリート風クロスがマッチしています。

ひょっこり顔を出したBooりす君の顔も満足気。

 

さてさて、室内の御紹介。

brisukyositu
 

3階では、廊下に使ったアクセントクロスを室内でも使用しています。

各階毎でデザインの違うレンガ調クロスをアクセントとして使用しました。

 

hyokori
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

洗面脱衣室には新聞紙を模したアクセントクロス。

クセのあるクロスですが外観とマッチしていて、素敵空間になってます。

賃貸ではあまりお目にかからない洒落た洗面化粧台がgoodです。

 

 

今回のBooりす君物件リポートはここまで。

次回があるかは皆様の反響次第です・・・笑

|Date:2018年4月10日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

アセット部の生川です。

普段はアパート・賃貸併用住宅などの収益物件の企画・販売をメインの業務としておりますが、

最近はリフォームの案件も多くなり、ライフスタイル部とコラボレーションする機会も増えています。

 

下記写真は、これから着工していく現場です。

1室のリノベーション工事です。

img_2151
 

 

 

 

 

 

 

 

 

これからどのように変化していくのか私自身も楽しみです。

img_2155 img_2154 img_2153 img_2152
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のブログでは、どこまで進んでいるのでしょうか・・・

乞うご期待!

 

|Date:2018年4月9日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

今回は賃貸併用住宅のオーナー様部分に関してお話します。

建蔽率いっぱいに賃貸の戸数を入れ、利回りを重視するだけが賃貸併用住宅のメリットではありません。
金額に関しては営業からいつも説明させて頂いておりますので今回は割愛致します。

今回の物件を見て頂くと、オーナー様部分が2階と3階部分二層になっております。

1f
 

 

 

2f3f
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

都心の住宅は3階建てが多く上下階の移動が多い間取りになりますが、賃貸併用住宅は賃貸を1階と2階の一部、2階の一部と3階にオーナ様宅をまとめる事が多く、2階と同じ感覚で住む事ができます。

水周りはLDKの階にまとめたい、家族の寝室は隣に配置したい、などの要望をお持の方にぴったりですね。

オーナー様宅に関して、設計をするにあたり質問する事は住宅とほぼ同じです。

・車の有無、サイズ。
・階の希望。
(通常ですと賃貸を1階と2階の一部、2階の一部と3階にオーナー様宅を配置しております。)
・部屋数の希望。
・家族構成。
・ご家族の年齢。
(就学中のお子様がいらっしゃる際は、学習机を仮で配置します。)
・住宅ローン使用の有無。
(住宅ローンの種類により延床面積の1/2以上、もしくは1/3以上がオーナー様宅として必要になります。)

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。
賃貸の戸数を目いっぱい入れるだけではなく、ご希望にそった設計を致します。

 
アセット部 設計 新井

|Date:2018年4月8日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

アセット部の芳地です。

 

先日、出勤の時に「今日は事務所にひとりだから、気を引き締めておかないと・・・」

等と思いながら事務所ビルのエレベーターに乗ろうと思い中を見ると

猫がいるではありませんか!

しかも、獲物を狙うかの様な鋭い目つきと

今にもとびかかってきそうな体勢・・・

頭が混乱しつつも私の本能は瞬時に危険を察知しました。

「・・・殺られる!!」

「ニャ~ン」

「か、かわいい」

一旦事務所へ一緒に行く事にしました。

%e7%84%a1%e9%a1%8c
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の働いている事務所ビルにオーナーさんが住んでいらっしゃるので

飼い主はおそらくその方だろうと予測はついており、

すぐ探しにいらっしゃるかと思っていたのですがなかなか来ず。

image2
 

 

 

 

 

 

 

 

こちらからお電話を差し上げて迎えに来ていただき、

無事飼い主の元へ帰っていきました。

また来て欲しいかわいい来客でした。

 

近年ペットブームで動物と一緒に暮らす方が増えております。

弊社でも猫と共に暮らす生活を考えた企画案がございます。

その名もGlanz Cats

%e7%84%a1%e9%a1%8c
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普通のアパートにもできるところをあえて縦割りにする事で、

階段が猫の遊び場になったり、物を落としても気にならなかったり、

色々なメリットが生まれます。

 

的を絞ったアパートは普通とちょっと違う空間にする事ができます。

それがアパートの魅力になり、借り手の満足にもつながっていくと思います。

アパート、賃貸併用住宅をご検討の方は是非BLISSへご一報ください!

 

|Date:2018年4月7日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは

春といえば桜ですが、散歩がてらお花見に行きました。

dsc_0014
少し散り始めていて写真ではあまり綺麗にみえませんが、風に舞う花びらがとても綺麗でした。

dsc_0011
これだけの花見客がいるとゆっくり楽しむという訳にはいきませんでしたが(笑)

今年は暖かかったのか、去年より桜が咲くのが早かったですね。

来年はどうでしょうか。

企画設計部 栗原

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ