東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(水曜定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2018年6月20日 | Category:施工例 |

こんにちは。

アセット部の大竹です。

 

今回は長いブログになりそうなので、早速竣工物件の御紹介です。

『Glanz Court目白』

3階建て長屋で全7戸となっております。

glanzcourt%e7%9b%ae%e7%99%bd-2

 

 

ご自身の玄関をわかり易くするため、隣り合う玄関ドアの色を変えてみました。

白で統一された建物に玄関ドアと3色パターンの外壁がアクセントになってます。

 

lv-1018-2

 

こちらのお部屋では対面式キッチンを採用。

吊戸を無くし、ライディングレールにすることで空間的広がりと小洒落たお部屋に。

 

実はこちらの物件の他にもう2区画でアパートが建築中です。

内装と外構最終仕上げの真っ最中のため、

お気に入りの写真をピックアップして、御紹介します。

 

img_5643

 

こちら『GlanzAvenue目白』3階のお部屋ですが、

プラン上どうしても長い廊下が発生してまいました。

 

そんな一見すると短所ですが、長所として入居者様に喜んで頂くための仕掛けが詰まっています。

 

まずは、目で楽しんでもらえるように左右にアクセントクロスを貼りました。

3階に上がると雰囲気が変わるそんな仕掛けとなってます。

左のくぼみには枕棚による収納スペース。右にはベンチにもなるカウンターを設置予定です。

 

中々お目にかからない珍しい間取りなだけに内覧される方の反応が楽しみです。

 

img_5675

 

こちらはまた別のアパートとなる『Glanz目白』の3階です。

2段カウンターとそれを利用した張りわけがお気に入りポイントです。

奥行が広いカウンターでは食事やお仕事など様々な用途で活用できます。

アクセントクロスによりカフェ風カウンターに仕上がりました。

 

img_5679

 

こちらはまた別ver.です。

個人的には青や水色が好みなのでこちらが気に入ってます。

 

 

さてさて、3区画のアパートを御紹介しましたが、

実はもう1区画に賃貸併用住宅があり、既に竣工しております。

これがまた中がスペシャルな仕様になっているんです。

 

 

それでは外観から。

img_5742

 

バルコニーフェンスと軒天の木目が

ただただ格好良いです。

重厚感の中に温かみを感じますね。

 

img_5613

 

賃貸部の室内ドアには淡い水色の可愛らしいドアを採用してます。

※こちらの室内ドア・フローリングはオプション仕様です

 

 

それでは、気になるスペシャルな

お施主様居住部を覗いてみましょう。

 

img_5626

 

 

キッチンの天井やニッチなど、細部のこだわりが感じられます。

 

ん?

なにやら左に気になる装置が・・・

 

 

ご説明します。

こちらの物件は、光冷暖システムを採用した『温響の家Goo℃』になっており、

表面に特殊セラミック加工を施したラジエーターの中に冷水や温水を流すことにより、

同じようにセラミック加工を施した壁・天井素材と共鳴して優れた冷暖効果を発揮します。

風がない。音がない。斑がない。冷暖房 『無風音斑光冷暖』

まさに次世代型冷暖システムです。

 

更に数日後に撮った写真がこちら。

img_5741

 

 

なんとテーブルと椅子が設置されているではありませんか。

別方向もパシャリ。

img_5740

 

ソファーにテーブル、テレビボードまで設置済み。

こちらの家具も弊社のインテリアブランド『noble meuble』でご注文頂きました。

『noble meuble』では、今回のようにお引渡前に家具の設置を行うことで、

お施主様のスムーズな新生活を御手伝いさせていただきます。

弊社で施工頂いたお施主様には特別割引もございますので、

是非とも御検討ください。詳しくは営業担当までお問合せください。

 

 

また、こちらの物件ですが目には見えない部分に秘密があります。

 

それは、

『PATIO PLUS+』を採用したワンランク上の断熱性能をもった快適な住宅になっているのです。

 

高性能断熱に光冷暖・・・

今年の夏、お施主様はさぞ快適に過ごされることでしょう。

 

これでもかというくらいこだわりが詰まった

快適で素敵なお住まいになったのではないでしょうか。

 

 

皆様の想像を創造へ、夢をカタチに。

BLISSで建築して良かったと言っていただける住まい創りを

私たちBLISSは心がけております。是非、一度お問合せください。

 

|Date:2018年6月19日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

私が所属しているアセット部では主に収益アパートの企画・設計を行っております。

①自社で企画して保有するアパート

ws000000

ws000001

 

 

 

 

 

 

②個人オーナー様の土地に建築させて頂くアパート(請負)

ws000002

 

 

 

 

 

③業者様からの依頼で建築させて頂くアパート(請負)

ws000003

 

 

 

 

 

狭小のアパートから、BLISSとしては大きめなアパートまで

その土地の形状に合わせた企画・設計・施工しております。

完成した喜びは何事にも代え難いものがあります。

 

また建築したアパートを全てが保有目的ではなく、販売もしております。

ws000004ws000005

 

 

 

上記物件はほんの一例です。

BLISSではお客様の満足にとどまらない、価値ある住宅(アパート)の企画・設計・施工・監理を目指します。

創る喜び・売る喜び・買う喜びを共有出来れば幸いです。

 

アセット部 生川

 

 

 

 

|Date:2018年6月18日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

雨が続くこの時期、皆様はどの様にお過ごしでしょうか。

当社は都心の狭小住宅がメインになりますが、アセット部では
共同住宅や長屋も狭小物件を手がけております。

こちらは敷地が35㎡、各住戸面積は16㎡の物件になります。
シャワールームを配置する事により、居室面積を広くとり
ワンルーム住宅では中々見られない、人気のカウンターキッチンタイプとなっています。

1


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

狭小がメインと述べましたが、今まで私が設計した物件では
敷地面積240㎡、延べ床330㎡の3F建ての長屋が最大で、
一番小さいものでは、敷地面積24㎡、延床38㎡の3F建ての住宅(借家)です。

前述のように長屋が建たない小さい土地でも、戸建て住宅を建て借家に
する事もできます。

このように当社では様々な規模の設計・施工をしております。

オーナー様のご都合と入居者様のご希望を叶え、総合力を生かし
バランスのとれた住まいを提供する事を心掛けております。

ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。
アセット部 設計 新井

|Date:2018年6月16日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは

今から5年前の6月にシカゴのインテリア展示会に行ってきました。

国際的なインテリア展示会といえばイタリアのミラノサローネが有名ですが、

シカゴの展示会(通称NeoCon)は全米最大級といわれています。

「シカゴってどんな街?」と行ったことのある人に聞くと、大抵

「NYをもっと洗練させた感じ」という答えが返ってきますが、

実際行ってみて確かにそうだな、と感じました。

dsc_0232

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、このNeoConですが、現地でも通用するプロフェッショナルIDがないと

入場できません。(私はある理由により持っていましたが、今は期限切れ)

2013-06-11-01-28-192013-06-11-01-43-12

 

 

 

 

 

 

日本でのこの手の展示会は写真NGですが、あちらはOK。

入場者はプロだけに皆さん熱心に商談していたのが印象的でした。

dsc_0218 dsc_0216

 

 

 

 

英語が出来ない私は、説明を受けても半分くらいしかわかりませんが、

海外のトレンドに触れられて、いい刺激をもらいました。

 

最後に、シカゴといえば

dsc_0214

 

 

 

 

シカゴピザ!!

 

また機会があれば、行ってみたいと思います。

 

企画設計部 栗原

 

 

 

 

|Date:2018年6月13日 | Category:日々の出来事 |

南関東工事課の今村です。

 

 

先般の休日が快晴の予報であったため、赤城山(黒檜山)

に行ってきました。

横浜の自宅を5:00に出発し、赤城神社の駐車場には

8:00に到着。(高速を使わず下道にて)

 

 

元気なうちに赤城神社にて安全祈願を行いました。

img_2668

 

 

 

 

 

 

 

 

 

赤城神社は標高1,345mという高地にある由緒あるとても立派な神社でした。

img_2670

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朱塗りの神殿がきれいです。

img_2674

 

 

 

 

 

 

 

 

 

標高が高いこともありこの時期でも気温は17℃

半袖シャツしか用意していなかったので肌寒かったです。

img_2672

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img_2665

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は日帰りでしたが次回は家族を連れて宿泊もしたいです。

 

 

1 2 3 4 265

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ