東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2019年4月24日 | Category:日々の出来事 |

おはようございます。

初めまして西東京工事課の佐藤です。
初めてのブログなので、何を書いていいか悩みます…..

今回は一番慣れていないことを書きます。

仕事に慣れていない部分が多い中、一番慣れていないのが
車の運転です….

ペーパードライバー歴15年、運転歴、約56日、数々の上司、先輩方を助手席に乗って頂き、震撼させた自分の運転….

車の運転で慣れるという言葉は合わないと思いますが
早く普通に運転ができて仕事にも慣れるように努力したいと思います。

最近、暖かかったり寒かったりしていますので体調管理を
ちゃんとして仕事に支障がでないようにしていきたいです。

 

image1


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|Date:2019年4月23日 | Category:日々の出来事 |

 

西東京工事課 楓です。

今月の休みを利用してお花見をしてきました。

img_19171

 

 

 

 

 

 

 

 

img_19211

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真のさくらはソメイヨシノです。

樹形は横に大きく広がる傘状です。

花弁は5枚で葉が出る前に花が開き、満開になります。

開花期は九州・四国地方で3月下旬頃です。

花色は蕾では萼等も含めて濃い赤に見えますが、咲き始めは淡紅色で、満開になると白色に近づきます。

 

また来年もお花見に行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

|Date:2019年4月22日 | Category:日々の出来事 |

工事課の関です。

世界遺産の姫路城に行ってきました。

93

 

 

 

 

内部の構造を見ることができるので楽しいです。

image2image1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軸組模型もあるのでどのように組まれているのかがよくわかります。

柱・梁のサイズもケタちがいでした、筋交いがあるのにもおどろきました。

12

 

 

 

 

 

保存修理工事の際に シャチホコが造りかえられています。

8

 

 

 

 

 

 

 

 

576

年号が5/1から令和になるのでシャチホコも令和時代ができるのか

できたらも一度見に行こうと思います。

 

 

|Date:2019年4月21日 | Category:日々の出来事 |

西東京工事課の吉田です。

花水木を揺らす風もさわやかな季節ですね。
風が春から初夏の香りを運んでくるのを感じる季節。
お健やかにお暮らしのことと存じます。

今回はゴールデンウィークも近いということもあり、
とくに都内の方は車もなくレンタカーなどをご利用になる方も
多いことから、知っている方も多いとは思いますが、
お節介ではありますが、コメントさせていただきます。

レンタカーやカーシェアリングなどで、
初めて乗ったクルマで給油する時などの時、
乗る前に給油口の位置を確認していなかった場合、
車体のどちら側に給油口があるのか分からず、
ガソリンスタンドでオロオロしてしまうことって、
多くの人が経験していることと思います。

そんな時この写真のガソリンメーターの横にある
半分飲んで冷えてなさそうなビールジョッキの横に
ある三角のマークの場所でわかるそうです。

20190418_122226

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
この三角が冷えてなさそうなビールジョッキのどちらかに
あるほうに給油口があるとのことです。

ただ、昔の車にはこの三角のマークはないとの
ことですので昭和生まれのかたはこの三角の存在さえも
知らないかもしれません。
どうやら、1998年頃の消防法の改正で規制緩和をうけ
セルフスタンドが登場しセルフスタンドの場合、
自分で停車しないといけないため給油口を間違うことが
あるため三角のマークが付くようになったとようです。

 

これからお車を乗られる方は是非ともこの三角の位置に
意識してみてください。

 

最後となりますが、気候もすがすがしい
ゴールデンウィークです。

ゆっくりと都会の喧騒の疲れを癒してください。

|Date:2019年4月20日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは。

西東京工事課の飯田です。

今回は地震が起きた際に効果を発揮する、制震ダンパーのお話をさせて頂きます。

地震に対して建築する際に出来ることは、耐震、制震、免震と種類がございます。

今回は私の主観ですが、オススメしている制震についてご紹介致します。

制震とは、建物の揺れの力を吸収して、構造へのダメージを軽減することを言うそうです。

やり方はとてもシンプルで、指定された場所にダンパーを設置するだけです。

ダンパーの実際の設置風景はこちら↓↓


img_1720

今回設置しておりますのは、

株式会社トキワシステム様の「αダンパーEXⅡ」という商品です。

建物の外周部の柱と梁に掛かる様に設置する事が多いです。

施工が容易で、断熱材を大きく欠く事もありませんので、

大変オススメの商品となっております。

 

BLISSでは、こういった商品もお取り扱い可能です。

ご興味ございましたら、御気軽にお問い合わせください。

1 2 3 4 320

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ