東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/9:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ

|Date:2019年6月25日 | Category:日々の出来事 |

皆さんこんにちは、ライフスタイル部 武藤です。

 

今回のブログは、ライフスタイル部にて工事中の現場をご紹介したいと思います。

 

現在も工事中の物件となりますので、第一弾として途中までご紹介させていただきます。

 

先ずは何も手をつけていない状態の写真をご覧ください。

1
 

キッチンとトイレの写真です、かなり年季の入ったキッチン、トイレですね。

昔はこの様に瞬間湯沸かし器をつけて、ガスコンロを置いて、という配置が一般的でしたが、やっぱりシステムキッチンにして使い勝手をよくしたい所です。

2
小さな玄関と、とっても年季の入った階段です、フローリングも一周廻ってこういった柄のフローリングが出てきていますが、こちらは一周前のフローリングなので新しく綺麗にします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
4
1F和室の窓部分、2F廊下の窓部分です、本当に古い窓で、写真からも風が吹いた時の『ガタガタ』という音が聞こえて来そうな窓です、こちらも新しい窓に交換します。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
さぁ、現場に解体屋さんが入り、どんどん解体を進めて行きます、床も一旦全て剥がして、床下の状況、配管の経路等しっかり確認をしていきます。

6
もともとあったガス管、給水管、排水管等を一度撤去し、新しい配管をしていきます。

人間で言うところの血管のような物です、とても重要な作業であります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
床下の配管をやり直したところで、新しい床下地、新しい壁、天井の下地を作って行きます。

このあたりの時期になると、新しいお部屋のイメージがようやく目に見えてきます。

9
とっても年季の入った階段も一度撤去してしまったので、新たにかけ直しをしています。

こちらの階段は、既製品を工場で作ったのではなく、材木に墨出しをして、現場で大工さんが一から作った階段です。

昔の大工さんは皆現場で階段を作っていましたが、今では階段を作ることが出来る大工さんはなかなか居ません。

とても良い階段だと私は思います。

 

さて、私からの現場紹介はここまでです。

 

次回は第二段、内装工事から仕上げ工事にかけてご紹介したいと思います。

 

次回もお楽しみに!

 

ライフスタイル部 武藤 雄平

 

|Date:2019年6月24日 | Category:施工例 |

こんにちは!

ライフスタイル部 インテリア担当の山本です。

 

——-「カーテンはとりあえず無地でシンプルなものを。」

初めてお打合せをさせていただくお客様から頻繁にいただく第一声です。

 

さまざまな苦労や工夫をされて仕上げた内装をお施主様のために、

私 山本、更によりよい内装をカーテンで仕上げさせていただきたいです!!

 

打合せ当初、カーテンは何でも…こだわりないので…、と仰っていたお施主様も

お打合せが進むにつれ、飾りとしてレールを装飾レールに変えてみる方法や

 

1f-ldk-7
 

大きな窓には大きめの柄物を、

小窓には柄の色味に合わせて色を変えたシェードをなど、

 

2f%e6%b4%8b%e5%ae%a42-3
 

様々な提案をするに連れ、内に秘められたこだわりが露に!!

取り付け後にご一緒に現地を確認したときには…

 

カーテンつくだけでもさらに印象が変わりますね~!

一生懸命選んでよかったです!

 

など嬉しいお言葉をいただく場面も(涙)

 

お部屋全体にあわせたプランや色味のバランス、

今後の生活を考え、子供部屋は成長に合わせて交換しやすいカーテンにする、など。

 

2f%e6%b4%8b%e5%ae%a41-4
 

たくさんの窓を飾らせていただきました経験から、

さらなる内装全体の印象度アップを

今後もよりよい提案をしていきたいと思います。

 

ライフスタイル部 山本

|Date:2019年6月23日 | Category:日々の出来事 |

みなさん

こんにちは。

ライフスタイル部の畑端です。

 

今回は、先日着工いたしました、杉並区の戸建リノベーションをご紹介いたします。

こちらの住宅は築35年の木造軸組み構造です。

1階は、柱、梁、土台を残してフルリノベーションで工事を行っており、2階は、内装リフォームを行っております。

現在進行中の現場ですので、解体~土間コンクリートまで進んでおり順次柱交換、梁補強を。と進んで参ります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

 

 

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

 

 

工期は9月上旬引き渡し予定で進行してまいります。

次回は、柱、梁入れ替え補強~内部造作工事をご紹介できると思っております。

引き続きよろしくお願いいたします。

 

ライフスタイル部

畑端尚文

 

|Date:2019年6月22日 | Category:日々の出来事 |

ライフスタイル部 高屋 です

※リフォームやインテリアのコーディネート、家具雑貨の販売、99base 松戸店 等

新しいライフスタイルを提案する部署となります

 

前回のBlogからこのBlogの間にあったことと言えば

 

改元

 

でしょうか

 

99base

 

から

 

99base

 

へと移り変わりました

 

今更な内容ではありますが、

この移り変わりを目の当たりにして

頭に浮かんだ曲がありました

 

 

中島みゆき さんの「糸」

 

 

そういえば、最近、

EXILEATSUSHIさんがカバーされてましたね

※どうでもいい余談ですが、エグザイル、アツシで変換して

上記がちゃんと出てくるって人としてスゴイですよね

 

失礼な話、彼女の曲を特別よく聴くわけではありません

でも、この曲はなぜだか好きなのです

曲も歌詞も聴きやすく、且つその曲も歌詞共にイイ!

語彙力がないので、そうとしか言えませんが

 

イイのだよ

 

で、この曲の歌詞に

ご存知の方は多くいらっしゃると思いますが、

私は初めてでしたので述べさせて頂きます

「しあわせ」

という言葉が出てきますが

歌詞を見ますと

 

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は仕合わせと呼びます

 

「仕合わせ」?

 

調べてみました

幸せ同様に幸運といった意味合いがありました

その他には

 

運命、めぐり合わせ

 

という意味がありました

なぜ、仕合わせという漢字なのか

漢字文化資料館によりますと、抜粋になりますが

 

小社明鏡国語辞典』では、偶然性を重視するときは「仕合わせ」も好まれる。とのこと。

「しあわせ」という日本語の語源は、「し合わす」だとされています。

「し」は動詞「する」の連用形。つまり、何か2つの動作などが「合う」こと、

それが「しあわせ」だというのです。別のことばで言い換えれば、

「めぐり合わせ」に近いでしょう。

 

 

ということだそうです

2つのことが重なる = めぐり合わせ、運命

 

深い

 

自分の表現力が乏しいのが残念だが、考えれば考えるほど素敵な言葉で素敵な歌詞だと思えてきました

今まで歌詞を見ていなかったのですが、この節目に見られて良かったと思います

名曲には名曲たる所以があるとしみじみ思いました

 

私は、BLISS Toilet MUSEUM「WC.75+α」、noble meuble、99base 松戸店

と店舗スタートをさせて頂きました

ゼロからのスタートで(今も)右も左も全く分からない状態だったのを

様々な方々に助けられながら、今の自分があると思います

店舗に限らずですが、そうした「糸」が多くあり、つくづく自分は仕合わせに恵まれているなと

そう思わずにはいられません

もちろん、失礼な言い方かもしれませんが、今いる仲間たちも同様です

その「めぐり合わせ」をこれからも大事にしていきたいと思います

 

皆さんもじっくり歌詞を見ながら音楽を聴いてみてはいかがでしょう

何か発見があるかもしれません

 

 

見てなかったのかよ、というツッコミは無しで

 

|Date:2019年6月21日 | Category:日々の出来事 |

 

 

はじめまして!

四月から新卒で入社いたしました、本店営業の佐藤です。

よろしくお願い致します!

 

 

先日のお休みを利用して、筑波山に登ってきました♪

高尾山には何度か行ったことがありましたが、

ロープウェイを利用して山頂付近まで登っていたので、

麓から山頂を目指すのは筑波山が初でした!

 

 

ですが、、、初の本格的な登山にも関わらず、

なんの準備もせずに向かってしまったので大変な思いをしました、、、。

 

 

まず、筑波山への行き方をきちんと調べていなかったので、

つくば駅についてから直行のバスの時間がなかったり、

乗り換えのバスが間に合わなく結局タクシーで向かったりと、着くまでに疲れてしまいました。

 

 

私も友人も普通のスニーカーを履いていたので滑りやすく、

虫よけスプレーもしていかなかったので、

虫を払いながら登りました。(自分でもビックリです(-_-;))

コースも難易度を甘くみていて、

最初は緩やかな道だったのですが、様子がおかしくなり、

山頂付近になると、両手を使わなくては登れないほど険しくなりました。

 

 

友人と励ましあいながら、

すれ違う方と頑張りましょうと声をかけながら、

二時間登り続け、ついに!山頂に着きました( ;∀;)

 

 

山頂からの眺めがこちらです!!!

 

 

%e2%91%a3
 

 

 

 

 

 

%e2%91%a5

 

 

 

 

 

 

(写真では感動を伝えきれないのが残念です。)

%e2%91%a4
 

 

 

 

 

 

 

山頂からの眺めは、今までの疲れを忘れるほど、

本当に素敵でした。

登っている間は、

『もう絶対山には登らない!』

と言い合っていたのですが、

帰りには次はどこの山に登ろうかと話していました(笑)

 

次登るときは、今回の反省を生かし、

完璧に準備していこうと思います。

準備や下調べがいかに大切かを思い知った休日でした!

 

 

1 2 3 4 331

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ