東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

お客様インタビューInterview

TOP > お客様インタビュー > ルーフバルコニーにハンモックのある家

I様ご家族とBLISS担当者の写真

憧れのルーフバルコニーにハンモックのある家。ルーフバルコニーと
広いお風呂と事務所スペース。
全部の希望を実現しました!

東京都江東区I様邸

インタビュー中のI様ご家族

家づくりのきっかけは?

ご主人
近くの3LDKのマンションに15年間住んでいたのですが、2人の子どもが大きくなって、部屋が2つ必要になってきました。それと住宅の配管関係の仕事をしているのですが、自宅に会社の事務所を作りたいというのも、ひとつの理由でした。

最初は建売住宅を中心に探していて、ひとつ気に入った物件があったのです。それで早速その物件を担当している不動産屋さん(有限会社アイホーム)に行きました。そこで出会ったのが、アイホームの清島さんでした。彼にその物件を買いたいと伝えると、なぜか清島さんは、「Iさんはこの家を買うべきじゃない」と強い口調で断言するのです(笑)。客が買いたいと言っているのになぜ売らないんだ!とちょっとムっとしたのですが、話しているうちに彼の誠実な人柄が気に入って、その家を買うのをやめて、彼と一から、物件探しをするようになったのです。

後になって反対した理由を聞くと「奥様が気乗りしていない感じが表情からわかりました。家にいる時間が長い奥様が気に入っていないのを見て、これはおすすめしない方がいいなと思ったのです」という話でした。
奥様
その建売住宅は日当たりがあまり良くなくて。前のマンションの日当たりが良かった分、いやだなーと。清島さんに止めていただいて良かったです(笑)
ご主人
それから清島さんとの物件探しが始まりました。建売住宅はもちろん、土地を買って注文住宅を建てることも選択肢に入れて、いろいろ見てまわりました。そんな中で出会ったのが、今回家を建てたこの土地です。「おすすめです」みたいなことをめったに言わない清島さんが、「Iさん、ここは買いですよ」と言うので、その言葉に背中を押されて決めました。

住宅が密集しているエリアですが、南側に道路があって、日当たりの問題もない。それと、少し権利関係がややこしい土地で、その分相場よりも安かったのです。権利関係については心配もあったのですが、清島さんが「大丈夫です。僕にまかせてください!!」というので、彼を信用して購入を決めました。(彼の言葉通り、権利関係は後日すべてクリアになりました)
I様邸の外観写真

BLISSとの出会いは?

ご主人
土地が見つかったので、次は注文住宅を依頼する工務店選びです。BLISSさんについては、清島さんに紹介してもらいました。狭小住宅が得意だということと、わがままな希望もしっかり受け止めてくれる会社だという話でした。清島さんの紹介なら間違いないだろうと思い、BLISSさんにおまかせすることにしたのです。
キッチンで談笑のI様ご家族

家づくりでこだわったところは?

ご主人
土地は大きくないけれど、実現したい要望はたくさんありました。まず、仕事用と家族用の2台の車が停められるスペース。次に、独立した事務所スペース。社員が出入りするので、家の中の一角を仕事スペースにするというわけにいかないのです。家族用とは別に、事務所用の玄関も必須でした。それと長男と一緒に入れる大きめのお風呂、娘と妻が会話しながら料理を楽しめる広いキッチン、トイレは事務所を含めて3つほしかったです。さらに、パントリーと全員の服をまとめて収納できる衣裳部屋、子どもたちと遊べるルーフバルコニー。

屋上にテントやハンモックを置いて子どもたちと一緒に遊ぶのが夢だったのです。

BLISSとの家づくりはいかがでしたか?

ご主人
欲しかったもの、やりたかったことはすべて叶えてもらえたので、BLISSさんには、とても感謝しています。

リビングダイニングとキッチンとバスルームと衣装部屋のある2階は、スペースの取り合いになるので、間取りを決めるのに時間がかかったのですが、何度も何度もプランを書き直していただきました。あと、子ども部屋のロフトはBLISSさんの提案です。みなとみらいのBLISSさんのモデルハウスを見に行った時に、家族で「ロフトいいよね〜」という会話をしていたのですが、その次の打ち合わせでプランを見たら、子どもの部屋にロフトがあったのです。ロフトは、初めは考えてなかったけど、子どもも大喜びで、作ってもらってよかったと思ってます。

建築中もよく現場に足を運びましたが、職人さんも現場監督さんもみなさんとても感じが良くて、安心して任せられました。僕も仕事上建築には詳しいですが、そういった視点から見ても、よくやっていただいたと思っています。
ポップな壁紙の子供部屋
花火も見えるバルコニー 花火も見えるバルコニー
リビングの写真

実際に住んでみて、住み心地は?

ご主人
周囲の人から「マンションに比べると、戸建ては寒い」と聞いていたので、断熱材をウレタンにして、しかも厚めに入れてもらいました。床暖房も入れていて、1階の事務所は、冬は多少寒いですが、2階から上の空間は快適に過ごせています。また、キッチンとお風呂が広いので、すごく使いやすいです。

僕が気に入っている場所は1階の事務所。住居部分と距離があるので仕事とプライベートの切り替えができるし、とても落ち着く空間です。仕事第一ですが、趣味のバス釣り用の道具もけっこう置いてあります(笑) 妻は、キッチンが気に入っています。キッチンに妻用の椅子が置いてあり、そこに座ってくつろいでいる時間が長いので、居心地がいいのだと思います。 あと屋上のルーフバルコニーでは昨年2回テントを張りました。花火も見えるし、お手軽なアウトドア気分を満喫できます。

最後に今回の家づくりの感想を聞かせてください

ご主人
正直なところ、土地の大きさから考えて、要望をすべてかなえるのは難しいと思っていました。でもスペースをうまく活用することで、こちらからの要望はすべて実現でき、しかもプラスアルファの提案まであって、大満足の家づくりになりました。アイホームの清島さん、BLISSの林さん、本当にありがとうございました。
I様邸のご家族と清島さんと弊社*左から2人目がアイホームの清島さんです

「インタビュー一覧」へ戻る

このページのトップへ