東京23区内を中心に狭小・変形敷地にローコストで家を建てる建築会社
狭小住宅の専門家 BLISS(ブリス)です。

メニューを閉じる

フリーダイヤル0800-800-8585(受付時間/10:30〜18:00(火・水定休))

狭小住宅に♥を込めてスタッフブログ

TOP > スタッフブログ > カバクチカノコガイ

カバクチカノコガイ

|Date:2021年2月21日 | Category:日々の出来事 |

こんにちは、東東京工事課の大作です。

前回に続き、家の水槽でメダカを育ています。

11匹いたメダカが1匹死んでしまいましたが、まだ10匹元気に水槽で泳いでいます。

今回はカバクチノコガイという貝をメダカと一緒に飼ってみようと思っています。

 

長所として、、

水槽のガラス面にくっついて、コケを大変よく食べます。

カバクチノコガイは1匹あたりのコケ取り能力が高いです。

淡水では繁殖しません。

又、サカマキガイという貝は水槽の中で自然に増えてしまうので、景観を損ね、じゃまになってしまいますが、カバクチノコガイはこの様なデメリットがないので、とても良いです。

 

唯一、カバクチノコガイの短所として、口が大きめな為、通り道のコケ除去にムラができてしまいます。

 

飼育のポイントとしては、水質、水温に対する適応能力が非常に高くて丈夫な貝です。

特に餌を与えなくても水槽内でのコケや有機物を食べて生きていけます。

又、夜行性が強くて活発に活動している時は水槽上面にのぼる事があるので脱走に注意したいです。

 

どんな魚と混泳させても危害を与えないので安心してメガカと一緒に飼育できます。

 

今後もメダカ、貝の飼育とともに色々と勉強していきたいと思います。

 

カテゴリー

アーカイブ

このページのトップへ