LOADING
WORKS

狭小住宅

天窓や吹き抜けで明るく、工夫に満ちた狭小住宅

14坪の土地に、あらゆる工夫を凝らしてデザイン性と住心地の良さを叶えた狭小住宅です。 施主さまの希望である「明るい家」を叶えるため、トップライト(天窓)や吹き抜けを設け、明るさと開放感を実現しました。遊び心のあるクロスや、個性的なガラス張りの収納など、いたるところにこだわりがつまった住宅になりました。

DATA
  • エリア

    東京都文京区

  • 家族構成

    夫婦

  • 工事期間

    6ヵ月

  • 竣工年月

    2016年1月

  • 工法

    軸組工法(在来工法)

  • 費用

    1,500~2,000万円

  • 敷地面積

    47.81㎡(14.46 坪)

  • 延床面積

    88.40㎡(26.74 坪)

段差を設け、視覚的に分離した2階LDKです。ダイニングキッチンの床を上げて、キッチンの床下に収納を設置しました。14坪という土地を最大限に活用するため、あらゆるスペースを活かして収納などを設けた狭小住宅です

2階にあるダイニングルームの上部分には吹き抜けと天窓を設け、自然光がたっぷり入るように設計されています。特に朝はさわやかな太陽の光が頭上から降り注ぎ、ダイニングでの朝食がよりおいしく感じられます

キッチンからみたダイニングルームです。高い吊り戸棚は使いこなせないと判断し、その分高窓を設けて明るさと開放感を出しました。清潔感のあるキッチンに、カラフルな小物が映えて、部屋をさらに明るくしています

ダイニングの天井は吹き抜けです。電動のシェード付きで、夏や日差しの強い日でも快適に過ごせます。ナチュラルな木製の手すりは、質感が気に入ったため加工をせずそのまま設置しました。

1階の洋室は、ゲストルームとして活用しています。隣地が駐車場のため、大きな掃出し窓との間に室内サンルームを設けています。半透明の建具によって、明るさを保ちながらプライバシーを確保し、安心して過ごせるように配慮しています

外観は、レンガ調とネイビーの2色の外壁が印象的です。「庭も車も要らない」と割り切って狭小住宅を選び、その分ご夫妻の希望をたくさんつめこみました。設計ノウハウを巧みに駆使して、憧れの都心での戸建て暮らしの夢を叶えました

 

天窓や吹き抜けで明るく、工夫に満ちた狭小住宅
  • LINEでシェア送る
施工事例一覧はこちら